アーモンドの便秘解消効果のカギを握る3つの成分と食べ方

アーモンドの便秘解消効果のカギを握る3つの成分と食べ方
頑固な便秘は本当につらいですね。何をしてもなかなか出ないとなると精神的にも肉体的にも不調気味になります。たかが便秘と侮ってはいけません。便秘を放っておくと口臭や体臭の臭い人になってしまうかもしれません。

便秘の方必見の簡単便秘解消法とアーモンドの驚くべき効果にフォーカスしてみます。


広告

そもそも便秘ってどんなもの?

便秘と聞いてもピンとこない方に便秘に関する特徴をお伝えします。

1.一週間に3回排便がない
2.固い便が4回に1回ある
3.強制的に排便させる行為が4回に1回
4.排便後の残便感がある
上記のような症状を3か月間満たしているような場合は慢性便秘とされています。実際には本人の感覚に頼るしかなく、医師でも明確に「便秘」という判断はしにくいとされています。

何だかお腹が張る、便が出きっていない感覚がある、固い便で常に力いっぱい力むといった症状で本人がつらいと申し出れば便秘と診断されるということです。

アーモンドの便秘解消効果のカギを握る3つの成分と食べ方

便秘の原因

便秘の原因とされているのは病気や食生活、精神的ストレスなどが最も多いです。

病気の場合は腸にできものが出来ていたり、腸がねじれて腸の機能を低下させている事がなどが原因になっています。出血を伴ったり、発熱、嘔吐、意識障害などが同時に起きた場合は速やかに医療機関を受診することです。また、精神的ストレスの便秘の場合は極度な緊張、不安を感じて腸が動き過ぎたり動かなくなったりする病気とも言えます。この2点は医師の診断や治療が必要な便秘です。

一方、ほとんどの方が悩んでおられる便秘は食生活や運動不足など日常生活の問題が多く、自身で解消できる可能性が高いのがほとんどです。

広告

便秘解消効果のカギを握る成分

便秘解消にやはり食生活が重要と言えます。忙しく毎日を過ごしているとついつい食事も簡単に済ませがちになってしまいます。バランスの悪い食事は便秘を引き起こしやすいのです。便秘解消のカギとなる成分や栄養素とはどのようなものでしょう。

1.食物繊維
2.マグネシウム
3.水
この3点が重要でしょう。ほかにもオリゴ糖やビフィズス菌など大切な成分もありますがこの3点を押さえると気持ちのいい排便が期待できます。

アーモンドの便秘解消効果のカギを握る3つの成分と食べ方

食物繊維は野菜だけじゃない!

便秘になると野菜をしっかり摂りなさいと言われる事が多いですね。食物繊維は野菜だけだと思っていませんか?ほかの食品にも食物繊維はあるのです。以外にもナッツやドライフルーツも食物繊維が豊富です。特に手軽なナッツは間食としてもお勧めしています。

海外セレブや女性タレントのようなスタイルを気にするお仕事をしている方は間食にナッツを取り入れている方も多く、少量で腹持ちするという別のメリットで食べていることも要因の一つです。ナッツにも食物繊維は豊富で特にアーモンドは手に入りやすくしかも食物繊維とミネラルも多く便秘解消に役立つ食品の一つです。便秘の方には食べてほしい食品です。

アーモンドの便秘解消効果のカギを握る3つの成分と食べ方

ナッツの代名詞アーモンドは優秀な食材

ナッツと言えば思い浮かぶのはアーモンドではないでしょうか。お菓子にもよく使われるアーモンドは香ばしさを出すために粉にして焼き菓子に混ぜたりします。おつまみでアーモンドを炒ったものを店頭で見かける機会も多いですね。

手軽に手に入るアーモンドはカロリーが高いので女性は嫌煙しがちですが、かなり優秀な食品でもあるのです。
>>Amazonで「アーモンド」を探す

アーモンドの便秘解消効果のカギを握る3つの成分と食べ方

アーモンドの栄養素

アーモンドの栄養素にはどのような栄養素があるのかご紹介しましょう。

アーモンドにはビタミンE、ミネラル、不飽和脂肪酸、食物繊維が豊富にあります。特に便秘解消に役立つ食物繊維はゴボウより2倍近く豊富に含まれています。便のかさを増し腸のぜん動運動を活発にさせて排便を助けます。それだけでなくミネラルの中のマグネシウムも便秘解消に期待できます。マグネシウムは便を柔らかくする働きがあります。経産婦の方は便秘で悩まされた経験があると思いますが、産婦人科の医師に処方されていた便秘薬と同じ成分です。

またアーモンドからは良質な油も取れます。油分が加わることで便が滑りやすくなりより便秘解消に期待がもてるということなのです。

アーモンドの便秘解消効果のカギを握る3つの成分と食べ方

アーモンドには他にもこんな効果が!

便秘解消にアーモンドが効果的とお伝えしてきましたが、ほかにも様々な効果が期待できます。

アーモンドにはアンチエイジングのビタミンEも豊富で血流をよくする効果も期待できます。冷え性、肩こりなどを改善したり、血行が良くなって肌の調子もよくなるという仕組みです。大豆の10倍のビタミンEでナッツの中でもダントツの含有量です。

他にもミネラルのカルシウム、リン、鉄分、亜鉛、銅といった体に必要な栄養素もたくさんあります。中でも亜鉛は免疫を上げてくれ、皮膚やツメなどを健康に保つ働きもしてくれます。

中でも注目はダイエット効果が大きいのではないでしょうか。モデルやタレントが食べる理由としてナッツは腹持ちするということです。不水溶性食物繊維で消化しにくいため腹持ちがするといった仕組みです。間食に食べれば食事をドカ食いすることなく食べる量を抑えられます。
そして何よりアーモンドには余分な脂肪や糖の吸収を防ぐ効果もあることがわかった為ダイエットをする方に選ばれているということです。

アーモンドの便秘解消効果のカギを握る3つの成分と食べ方

アーモンドの食べ方

手軽に摂れるアーモンドを日常生活に取り入れてみましょう。

素焼きアーモンドを砕いてサラダにトッピングしたり、おやつにしてもいいですね。より本格的に自分で作ってみたいという方にはアーモンドミルクを手作りしてみてはいかがでしょうか。

アーモンドミルクの作り方

1.生のアーモンドを250g用意し、一晩水につけておきます
2.一晩水につけたアーモンドの水を切り、ミキサーへ入れます
3.ミキサーに水1000mlを入れてスイッチON
4.出来たアーモンドミルクをこし袋に入れるようにし、アーモンドとアーモンドミルクを分けるようにします。
5.ボールでアーモンドミルクを受けるようにしながらこし袋に入ったアーモンドをしっかり絞りアーモンドミルクを絞りだします。
6.アーモンドミルクは密閉容器に入れて数日中に使うようにしてください

牛乳や豆乳の代わりとして料理に使ったり、お好みのフレーバーを加えて飲み物にしてもいいですよ。

アーモンドは健康にも便秘解消にも効果がある食材ですがカロリーも高めです。特におつまみとして販売されているアーモンドには塩分が多く含まれているので便秘解消に食べるという方には「素焼きアーモンド」という名目で販売しているものがお勧めです。
>>Amazonで「アーモンド」を探す

アーモンドの便秘解消効果のカギを握る3つの成分と食べ方
アーモンドの便秘解消効果のカギを握る3つの成分と食べ方

アーモンドを食べるにあたっての注意事項

アーモンドは食物繊維も豊富でアーモンドの油分も悪玉コレステロールを減らす作用があるのですが、一方で食べ過ぎにも注意が必要です。

一口に食物繊維と言っても水溶性と不溶性に分かれておりアーモンドは不溶性の食物繊維です。消化しにくく便のかさを増してくれますが食べ過ぎると便が固くなりやすいのです。また、ナッツはカロリーが高く、アーモンドも例外ではありません。間食の代わりに数粒程度なら問題ありませんが沢山食べてしまうのはカロリーオーバーです。

アーモンドの1日の摂取量としては片手に乗る程度、1日25g程度で十分です。25gをちょこちょこと食べるのが理想ですね。
アーモンドは生でもローストしたものでも栄養素に変化はありませんが油分が多いアーモンドは酸化しやすいので開封後はできるだけ早く召し上がった方がいいですよ。

アーモンドの便秘解消効果のカギを握る3つの成分と食べ方

アーモンドの便秘解消効果について

馴染みのあるアーモンドも意外に食物繊維が豊富なことが分かりました。しかし、食べすぎは便を固くすることにつながるので1日25g程度に抑えて食べるようにしましょう。アーモンドと一緒に水分もしっかりとるとより効果が期待できますよ。

広告
アーモンドの便秘解消効果のカギを握る3つの成分と食べ方