美白クリームで、脇の黒ずみ解消

美白クリームで、脇の黒ずみ解消

そろそろ薄着になってきたので脇の手入れもしようかと、何気に鏡を見てみたら脇が黒くくすんでいる?!これは一大事です。いつの間にか黒ずんでしまった脇に、一体何が起きたのでしょうか。何とか元通りの肌色に戻したい、そんな女性に黒ずみの解消方法をご紹介します。


広告

脇の黒ずみの原因

人の肌というものは最初から脇が黒いということはないので、何らかの原因が黒くさせてしまったことが言えます。それでは一体何が原因で黒ずんでしまったのでしょうか。

自分で脱毛処理をしたときの摩擦と刺激

カミソリなどを用いて、自己で脱毛の処理をしている人は多いですが、繰り返される脱毛は肌に大きな負担とダメージを与えています。カミソリによる摩擦と刺激によって、人間の防御反応が働くため肌がメラノサイトをたくさん作り出すのですが、その結果メラノサイトの働きにより、メラニン色素が脇に沈着してしまうことになるのです。

メラニン色素は紫外線や肌への刺激を受けると体細胞の損傷を防ぐために活性化します。そのため、カミソリなどによる刺激や負担から肌を守るためにメラニン色素が形成されやすくなり、脇には黒ずみが現れるのです。

脇は角質が溜まりやすい場所

脇は特に皮脂が多い部位でもあります。そのため、マメにお手入れをしていないと皮脂が酸化して毛穴が黒ずみます。また、毛穴パック等の肌への過剰な刺激や加齢による毛穴の開きが、毛穴に角栓を詰まらせてしまい毛穴の汚れや皮脂をきちんと排出できなくなります。そのため、排出されずに残った皮脂などが放置されて、やがて古くなり角質として毛穴に溜まっていき黒ずみの原因となります

そのほかの原因としてあげられるのが、「制汗剤」による毛穴のつまりであったり、「乾燥」によって刺激から肌質が厚くなり黒ずみの原因を作ります。また、普段の洋服の着脱でも脇に刺激を与えていたり、必要以上にゴシゴシ洗ってしまうのも原因のひとつになります。

生活習慣によりお肌の乱れがあるときは、脇にも古い角質が溜まりやすくなるので注意しましょう。

美白クリームで、脇の黒ずみ解消

美白クリーム

黒ずみ対策には、美白クリームが効果的です。色々な種類がある中でも人気女性誌でも取り上げられた黒ずみケアクリームをご紹介します。

ハーバルラビットナチュラルゲルクリーム

そもそも黒ずみは刺激や摩擦によりメラニン色素が過剰に発生して出来たものですが、その発生を抑えるのがこのクリームの力になります。

メラニン色素沈着抑制作用のある有効成分「水溶性プラセンタエキス」が、メラニン色素の生成を抑制して黒ずみを抑えてくれるという優れもの。

毎日のケアで新陳代謝が良くなり、黒ずみが古い角質となって排出されれば解消できますね。この透明感を作り出す美白と潤い成分は、「プラセンタ」「ビタミンC誘導体」「グリチルリチン酸2K」「米ぬかエキス」の4種類から成り立ちます。4種類の美白成分がぎゅっと詰まった美白クリームですので是非ご自分の肌で実感してみてください。

広告

予防方法

脇の黒ずみは正しい方法でケアすれば予防することが可能です。また、黒ずみの原因を作らないことで脇の白さを保つよう心がけましょう。

刺激を減らす

お肌の刺激を極力避けるために締め付けの多い服装や洋服の生地にも注意をしましょう。化学繊維よりはコットンなどがおすすめです。肌着も常に清潔に保つことも忘れずに行ってください。

ムダ毛の処理方法の見直し/h3>

カミソリやシェービングを使うときは必ずクリームやシェービングフォームを使用してください。また、逆剃りも肌に刺激を与えてしまうのため黒ずみの原因となります。出来れば脱毛エステやクリニックなどの専門店で処理することをおすすめします。頻繁な自己処理はなるべく減らすよう配慮が必要です

清潔に保つ

クレンジングやボディースクラブを使用して、毛穴の古い角質を取り除きましょう。過剰に刺激を与えて洗うのではなく、湯船に浸かり十分毛穴が開いたところに使用すると効果的です。入浴後もやさしく水分を拭きとるようにしましょう。

専用の黒ずみクリームを使う

どうしても気になる場合は脇用の黒ずみ解消クリームを使ってみましょう。クリームの種類も様々ですが、保湿、美白、美容成分が配合されているため簡単にお手入れができます。クリームにより硬くなった肌を柔らかくする効果もあり、美白成分がメラニン色素の抑制もしてくれるため一石二鳥です。

自己処理を長年してしまって黒ずみが悪化している人は、専門医の手を借りる方法もあります。とりあえず日頃から出来る方法を取り入れて、少しずつでも改善・悪化させないように試してください。

広告
美白クリームで、脇の黒ずみ解消