脇の黒ずみケア方法

脇の黒ずみケア方法

脇の下はムダ毛の処理が欠かせない部位ですよね。でもこまめにムダ毛を処理していると、だんだんと黒ずみが気になってきませんか?

脇の下の黒ずみが気になると、ノースリーブなど、脇が露出する服装をさけるようになってしまって、夏のオシャレの楽しみも低減してしまいます。正しいケアのやり方をご紹介します。


広告

脇の黒ずみの原因

脇の黒ずみの原因には、
・メラニン色素の沈着
・汚れのつまり
という2つが考えられます。

メラニン色素の沈着

メラニン色素は、肌の基底層という部位にあるメラノサイトによって作られます。基底層は肌の奥にあって、新陳代謝のスタート地点のようなところ。

ここにメラノサイトがあるのは、紫外線のような外的な刺激がこれ以上身体の深いところまで入っていかないように防御するため。メラニン色素の生成は肌の防御反応なので、外的刺激は紫外線だけでなく、こすれなどの物理的刺激に対しても起こります。

脇の下はムダ毛の処理でカミソリなどを使用することが多かったり、服がこすれやすかったりする部位なので、メラニン色素が蓄積されやすいのです。これが肌に沈着して定着したものが黒ずみとなります。脇の下は肌が薄く、特にメラニン色素が沈着しやすい構造になっています。

汚れのつまり

脇汗をかくことからもわかる通り、脇には毛穴が多くあります。つまり汚れが詰まりやすい構造だということです。

脇の下の処理をこまめに行っていると、肌は上面で保護している部分が取り去られ、刺激を感じやすい状態になっています。肌が炎症を起こしているような場合もあります。したがって肌が再生しようとするため、角質が厚くなりやすいのです。

角質が厚くなると毛穴がつまりやすくなるなど、トラブルになりやすく、これが黒ずんで見えていることになります。

脇の黒ずみケア方法

美白クリームがオススメ

黒ずみの原因がわかれば、それに対応したお手入れをすれば黒ずみを抑えることができるわけですが、脇の下は部位の特性的に摩擦を抑えることは難しいですよね。またムダ毛のお手入れをやめるわけにもいきません。

そこで上手に利用したいのが、美白クリームです。メラニン色素の生成を抑えることと、今あるメラニン色素を美白に導くこと、またしっとりと保湿して角質が厚くなることを防いでくれるので、黒ずみの現状と原因の両方に働きかけてくれます。

美白クリームの中でオススメなのが「ハーバルラビット」。かわいいウサギのイラストが描かれたチューブに入ったクリームで
・潤い成分が複数配合されている
・美白成分が複数配合されている
・ニキビなどにも対応でき、お肌の敏感な人でも使用可能
・ほんのり香る、野ばらの香り
・60日間の返金保証制度付き
と、うれしいことづくしの商品です。

デリケートゾーンなどの黒ずみにも使える商品ですので、お肌に優しいことは保証済み。またかわいいパッケージで持ち歩きもしやすいので、トラブルを感じた時にすぐ対応できます。通信販売で入手可能な、人気商品です。

広告

美白クリーム選びの参考に。有効成分の知識

黒ずみとメラニン色素との関係は、切っても切り離せないものですので、美白成分とは具体的にどのようなものなのか、ご説明したいと思います。「ハーバルラビット」以外にも美白クリームはたくさん売られていますので、ご自身で選ばれる際の参考になさってください。

ビタミンC誘導体

美肌のためにビタミンCを積極的に摂っているという方も多いのではないでしょうか。ビタミンC誘導体はビタミンCが肌へ入りやすい状態にしたものです。肌に浸透するとメラニンの生成を抑えてくれる働きが期待できます

プラセンタ

ヒトの胎盤に含まれている成分。胎児の成長に必要な、新しい細胞を増やしたり、新陳代謝を活発にしたりする効果があります。

メラニン色素ができてしまったら、肌が新陳代謝をして、基底層からどんどん上にメラニン色素を押し上げていき、やがて剥がれ落ちてくれるのが望ましい姿です。新陳代謝が鈍っているとメラニン色素が沈着してしまうので、新陳代謝を促す働きが重要というわけです。

トラネキサム酸

メラノサイトの活性化を抑え、メラニン生成を抑制してくれる成分です。美白剤として厚生労働省からも認可されています。また肌荒れによって起こる色素沈着に対しても効果を発揮すると考えられています。

ハイドロキノン

メラノサイトの働きを抑制し、メラニンを作らせないようにします。すでにできてしまったシミや黒ずみに対しても働きかけると考えられています。

脇の黒ずみケア方法

美白クリームの使い方

まずは脇の下をきれいに洗います。洗う際にゴシゴシこすってしまうと、その摩擦も黒ずみの原因となってしまいますから、蒸しタオルやお風呂にゆっくり入って毛穴を開いて、せっけんを泡立てて優しく洗いましょう

美白クリームはそのあとに塗ります。美白クリームを使用する前に、美白化粧水などで保湿をしたり、パックをしたりしてなじませるのもオススメです。そのあとにクリームを使用することで油分で蓋をしたような状態となり、しっかり浸透させることができます。

 

まとめ

お顔のお手入れは慎重になさるのに、身体に関してはきめ細やかなお手入れができていない方も少なくありません。

身体にも脇の下のようにデリケートな部分はたくさんありますので、ぜひご自身にあったクリームを見つけて、丁寧なお手入れを心がけてください。

広告
脇の黒ずみケア方法