誰でも作れておいしい「水出しコーヒー」の作り方3パターン

誰でも作れておいしい「水出しコーヒー」の作り方3パターン

目覚めや一息つきたい時、淹れたてのコーヒーは最高ですよね。コーヒーの香りや味にこだわって、自分で淹れる方も珍しくはありません。

しかし、ホットコーヒーはこだわって自分で淹れていても、何となくアイスコーヒーは面倒くさい気がして、自分では作らず、購入してしまうという方が多いのではないでしょうか。

今日は、そんな方必見!誰にでも簡単にできる「水出しコーヒー」という方法があるのです。「水出しコーヒー」の作り方をマスターすれば、アイスコーヒーもそれほど面倒に感じず、豆からこだわって作ることが出来ますよ。今日は「水出しコーヒー」についてご紹介します。

広告

「水出しコーヒー」とは?

水出しコーヒーとは別名「ダッチ・コーヒー」と呼ばれています。その名の通り、お湯ではなく水でコーヒーを抽出します。水で抽出しますので、お湯で淹れる場合とは違って出来上がるまで時間を要します。しかし、時間をかけるだけの魅力があるのです。

誰でも作れておいしい「水出しコーヒー」の作り方3パターン

水出しコーヒーの良さ

コーヒーの香りを楽しめる

水出しコーヒーは、お湯で一気にコーヒーを淹れる方法とは異なり、水で時間をかけて抽出していきます。ですから、お湯で淹れる方法より香りが強く感じることができるのです。コーヒー党の方は「コーヒーの香りが好き」「コーヒーの香りが大事」という方が多いですから、コーヒーの香りがより楽しめることは水出しコーヒーの良さといえますね。

カフェインが少なくなる

コーヒーといえばカフェインがつきものです。通常の範囲内でコーヒーを飲んでいる方であれば問題はありませんが、カフェインを多量に摂取するとカフェイン中毒を起こすこともありますから、気を付けたいものですよね。

その点水出しコーヒーは、お湯でコーヒーを淹れるより出来上がったコーヒーに含まれるカフェイン量を減らすことが出来ますので魅力的です。

苦みを抑えられる

水でゆっくりコーヒーを抽出するとコーヒーの成分であるカフェインやタンニンの量を減らすことが出来ます。これらはコーヒーの苦み成分ですので、量が減ることにより、コーヒーの苦みを抑えられるという訳なのです。

水出しコーヒーは苦みがひかえめのさっぱりとした口当たりのため、普段はコーヒー党でない人も飲みやすいコーヒーといえるでしょう。

広告

水出しコーヒーの作り方

では、実際に水出しコーヒーの作り方をご紹介しますね。

初級〜コーヒーパック

水出しコーヒーを作るのに最も簡単な方法は市販のコーヒーパックを使用する方法です。コーヒーパックは市販している水出し用麦茶パックの中身がコーヒーになっているものと想像すれば分かりやすいでしょう。

作り方は簡単、麦茶ポットのような容器にコーヒーパックと水を入れ、既定の時間置いておくだけです。コーヒー豆を計量する必要もありませんので、簡単ですよね。

コーヒー豆はスーパーやコーヒー豆を販売しているお店でも購入することが出来ますよ。

中級〜コーヒーポット

コーヒーパックを使用して作る水出しコーヒーは簡単に作れて便利ですが、ひとパック当たりの分量が決まっていますので、水出しコーヒーを作れる量も決まってしまいます。また、自分でこだわりのコーヒー豆を使うことも出来ません。

そこで、コーヒーパックで作る水出しコーヒーよりもう少し手間をかけてでもこだわりたいという人にお勧めなのが、コーヒーポットを使用して作る方法です。

コーヒーメーカーより水出しコーヒー専用のコーヒーポットが市販されています。このコーヒーポットはアイスコーヒーのシーズンである暑い季節であればスーパーでも手に入れることができます。作り方は、コーヒーポットのフィルター部分にコーヒーの粉を、ポット部分に水を入れて既定の時間置いておくだけです。

こだわりのコーヒー豆がある場合でも、専門店で「水出しコーヒー用に」とお願いすれば挽いてもらえるため、自分だけのちょっとこだわりのコーヒーを楽しむことが出来ますね。

上級〜ウォーターコーヒードリッパー

更に水出しコーヒーを楽しみたいという本格派の方にはウォーターコーヒードリッパーを使った方法がお勧めです。

ウォーターコーヒードリッパーは、コーヒー専門店や通信販売などで購入することができますが、お値段はなかなかの高額です。しかし、水出しコーヒーは本来、1滴1滴、少しずつ水をコーヒーに落としながらゆっくり抽出して作ることによって独特の香りやうま味が楽しめるものです。ウォーターコーヒードリッパーを使うことによって、お店と同じ味を自宅でも味わうことが出来ます。

作り方はウォーターコーヒードリッパーによって異なりますので、説明書に従ってくださいね。

誰でも作れておいしい「水出しコーヒー」の作り方3パターン

水出しコーヒーを作る際の注意点

こだわり度合いによって、色々楽しむことができる水出しコーヒーですが、どの方法を選んでも水出しコーヒーを作る際に共通する注意点があります。それは、使うコーヒー豆はアイスコーヒー用もしくは水出しコーヒー用を使用するということです。

コーヒー豆ならどれも同じと考えるかもしれませんが、水出しコーヒーには水出しコーヒーに適したコーヒー豆の種類や焙煎方法、挽き方があるのです。スーパーで購入する際にはアイスコーヒー用のものを、コーヒー専門店で購入する際にはお店のスタッフに相談することをお勧めします。

広告
誰でも作れておいしい「水出しコーヒー」の作り方3パターン