面倒なことは一切なし!ブラインド掃除の手順

面倒なことは一切なし!ブラインド掃除の手順
ブラインドはお洒落ですが、ついつい掃除を忘れがちになる場所でもあります。オフィスなどでも利用されているブラインドですが、カーテンなどと比べて隙間の掃除が大変そうですよね。

今回は簡単にできるブラインドの掃除で時間を短縮しましょう。


広告

どんな汚れが溜まる?

外から部屋の中を見えにくくする役割のあるブラインドは部屋やオフィスなどでも活躍するアイテムですね。お洒落なのは良いのですが、気がついたら汚れていたなどの経験をした方もいるはずです。汚れが目立たなかったり、掃除が大変と思って後回しにしている方もいるでしょう。

ブラインドには見えない汚れが付いています。汚れのほとんどはホコリですが、キッチンや居間に掛けられている場合は油汚れ、タバコのヤニなど場所によっても異なります。お風呂場にブラインドが掛かっている場合はカビになっていることもあります。

掃除を怠りがちな場所なので、掃除をする時にはホコリやカビがこびり付いていることも多いですよね。

面倒なことは一切なし!ブラインド掃除の手順

用意するもの

ブラインドの掃除が面倒と感じるのは、ひとつひとつの隙間を綺麗に掃除しなければならないと思っているからではないでしょうか?家にあるアイテムなどを使って掃除をすることができるので是非試してください。

ハンディモップ

掃除機でホコリなどを吸い取ることもできますが、ハンディモップや専用のブラインドクリーナーなどを使用すると簡単にほこりが落とせます。

ブラインドクリーナーは挟んだ状態でブラインドを1枚ごときれいにすることができます。ハンディモップなら毎日のホコリ落としにも使えて便利ですね。

軍手

軍手をはめてブラインドの汚れを落とす方法があります。軍手はゴム手袋をはめてからつけますが、細かい部分や隙間などもまんべんなく汚れを落とすことができます。

ストッキング

ハンディモップを使用しなくても履かなくなったストッキングを使ってホコリが取れます。ストッキングはホコリをしっかり吸い取ってくれる働きがあります。履かなくなったストッキングは捨てずに掃除用に保管しておくと良いですね。

重層水

特別な掃除用洗剤を購入しなくても重層水で汚れを落とすことができます。ブラインドに着いた油汚れやカビ、ヤニなどは通常の洗剤で落ちないこともあります。重層水を使うことで汚れを浮かび上がらせて綺麗に落とすことができます。

重層水は大さじ1杯の重層水に対して水またはぬるま湯を500ml加えます。

広告

やり方

大変そうと思っていたブラインドのお掃除も手順などのコツを知れば簡単に汚れを落とすことができます。

1.ほこりを取る

ブラインドに溜まったホコリを掃除機などを使って吸い取ります。大型の掃除機の場合、大変なのでハンディタイプの小型の掃除機が便利です。またハンディモップやブラインドクリーナーなどでホコリを取るのも良いでしょう。

面倒なことは一切なし!ブラインド掃除の手順

2.拭き取る

ホコリを吸い取ったら軍手などを着用してブラインドを拭き取ります。作った重層水をスプレーなどで吹きかけたり、濡れた軍手で拭いていきます。軍手は手指がブラインドの隅々まで届くので、見えないところまできれいに拭くことができます。

油汚れやヤニなど汚れがこびり付いている場合は、重層を吹きかけてから20分くらい放置した後に拭き掃除を行います。またカビ取り剤など専用の洗剤を使用するのも良いでしょう。

3.水拭きする

汚れを落としたら最後は水拭きをして洗剤などを綺麗に拭き取ります。またスプレーボトルに水を入れて吹きかけて洗い流し拭き取る方法もあります。

取り外しができるブラインドの場合

ブラインドのメーカーによっては取り外して丸洗いできるブラインドもあります。取り外した後に柔らかなスポンジを使って汚れを落としましょう。洗ったら洗剤が残らないように水でしっかりすすぎます。

面倒なことは一切なし!ブラインド掃除の手順

まとめ

大変と思っていたブラインドの掃除も家にある物で簡単にできますね。ブラインドは長期間放置するとホコリが溜まりカビの原因になることがあります。定期的に掃除をすれば汚れもこびり付かず大変な思いをしなくてすみます。

広告
面倒なことは一切なし!ブラインド掃除の手順