デリケートゾーンの「黒ずみ」の原因と解消する方法

デリケートゾーンの「黒ずみ」の原因と解消する美白ケア
最近ではデリケートゾーンも美しく見せるため、脱毛やケアを行うのが当たり前になってきていますね。しかしそうなってくると気になるのが黒ずみです。

普段目にする部分ではないので、
・自分だけが黒ずんでいるのではないか
・友達にも親にも相談しづらい
・原因や解消法が分からない
と、悩んでしまう女性が多いのです。

でも心配ありません。黒ずみに悩む女性は少なくなく、原因を知り、しっかりとケアしていけば改善することも可能です。

今回は、デリケートな部分を美しく保つために、黒ずみの原因や解消法について解説していきたいと思います。

デリケートゾーンが黒ずむのはなぜ?

ではまず、なぜ黒ずみが発生してしまうのか、その理由についてみていきましょう。

皮ふの薄さ

お顔の皮ふが薄く敏感であることはご存知の方がほとんどだと思います。そのため、毎日丁寧にスキンケアをし、優しく触れていることでしょう。でも実は、デリケートゾーンである陰部、ビキニラインの方が皮ふは薄いということは知っていますか?

お顔の中でも薄いとされる目元の皮ふより薄いのです。当然、些細な刺激でもお肌はダメージを受けてしまうことになります。

普段履いている下着やパンツも、肌に摩擦を生じさせている原因になっていることもあるのです。そう考えると、ビキニラインやそのゾーンは毎日常に刺激を与えられていることが分かりますね。

これでは黒ずみが生じて当然といえるのです。

色素沈着

そして、そのダメージから肌を保護するために過剰に発生するメラニンが原因で、色素沈着が起こることもあります。これは妊娠によっても起こりやすく、肌の生まれ変わり周期が乱れてしまうことも要因です。

特に年齢とともに代謝が低下し、お肌を健やかに保つのも難しくなってきます。そのため、日々のケアがとても大事になってくるといえるでしょう。

デリケートゾーンの「黒ずみ」の原因と解消する美白ケア

美白ケアのやり方

では、そんな厄介な黒ずみを改善するにはどういったケアが有効的なのでしょうか。

まずは洗い方を見直そう

ボディーソープで体を清潔に洗い流すことは大切です。これはもちろんデリケートゾーンにもいえることですね。

しかし、洗い方を間違えると肌を傷めるだけになってしまう恐れもあります。体の皮ふもお顔と同じように、大切に丁寧に扱わなくてはなりません。特に陰部を洗う際は注意が必要です。

1.ゴシゴシ擦らない
2.しっかり泡立てる
3.泡の力だけで洗う
4.ナイロン製のブラシは使用しない
5.過剰に何度も洗わない

洗うときは、この5つのポイントをしっかり覚えておいてください。

黒ずみ専用 美白クリームを使う

お顔と同様、保湿することはもちろん、美白成分を届けてくれるクリームでケアすることで早期改善が期待できます。

美白クリーム「ハーバルラビット」は肌のハリ・弾力を保つコラーゲンや、バリア機能を高めるセラミドに加え、美白効果のあるプラセンタやビタミンC誘導体までしっかりと含まれています。

敏感肌でも大丈夫?

黒ずみ専用クリームとなると、心配になるのが敏感肌でも刺激がないのかどうかということですね。

敏感肌の方に注目して頂きたいのは、刺激作用を起こすアルコールや着色料が含まれていないかどうかと、肌の弱い赤ちゃんでも使用できる安全性に優れたクリームかどうかという点です。

ハーバルラビットはこれらをクリアしているクリームなので、安心です。

コストパフォーマンスはどう?

専用製品というと、高額なイメージがありますね。デリケートゾーンにしか使えないとなると、コスパ的には微妙に感じるかもしれませんが、黒ずみが気になるところ全てに使えるのであれば、優れている製品といえます。
脇や乳首なども、中々人には言い出せないけれど黒ずみが気になるという女性は多いですね。そんな方には特におすすめです。

専用製品ならではのメリット

やはり黒ずみにアプローチしてくれる成分が豊富に含まれていることが一番のメリットといえます。また、敏感な部分だからこそ肌に負担を与えることがないよう、徹底されていることもポイントといえるでしょう。

クリームとともに、専用の石鹸などを併用することもおすすめですよ。

>>「ハーバルラビット」の詳細はこちら

予防することも大事!

そして何より、予防対策に努めていくことが大事になってきます。ケア製品の効果を半減させることがないよう、日常生活の中で改善できることはしていきましょう。

下着の素材を見直す

通気性がよく肌に触れた時の刺激も少なくて済むのがコットン、シルクです。化学繊維は敏感な肌には負担になる恐れがあるため、これを気に下着を新調してみましょう。

また、ビキニラインに直接ゴムが当たらないボクサーパンツなど、形を変えてみるのも良いでしょう。意外と履き心地が良いものに巡り合えるなど、新しい発見があるかもしれません。

ムダ毛処理方法を見直す

ムダ毛を処理することは美しく見せるために大切ですが、やり方を間違えると黒ずませてしまうことに。

大切なのは、
・保湿してから行うこと
・電気シェーバーか女性用のT字カミソリを使うこと
です。

電気で動くタイプなら、ペン状の形をしたものが特に良いです。カミソリならヘッドが動くものや、保湿クリームが配合されたものなどもおすすめですよ。

広告
デリケートゾーンの「黒ずみ」の原因と解消する美白ケア