重曹洗顔のやり方と注意点

「重曹洗顔」のやり方と注意点
お掃除のお助けアイテムとして大活躍の「重曹」。いつも常備しているご家庭も多いのではないでしょうか。そんな重曹を使って顔が洗えるのをご存知ですか?ちょっと想像つかないかもしれませんが、「重曹洗顔」が話題になっています。

今回はこの洗顔方法について詳しくご紹介いたします。いったいどんな効果を得られるのか、洗顔の手順や注意点なども併せてご紹介いたします。掃除でしか使ったことのない重曹。これを知ればきっと試さずにはいられないはずです。


広告

「重曹洗顔」とは?

「重曹洗顔」その名の通り、あの重曹で洗顔をするということです。もともと掃除でよく用いられる重曹。頑固な油汚れなどもキレイにしてくれたり、汚れをきれいにしてくれるとして、今やなくてはならないものになりつつあります。

また、お掃除だけでなく料理にもベーキングソーダの代用品として用いられることがよくあります。

非常に強い洗浄力があるにもかかわらず、お肌には優しい重曹。市販の洗顔ではお肌が荒れてしまったり、元々敏感肌やアトピー肌でお悩みの方は、きっと肌への刺激が気になるところではないでしょうか。

重曹はお肌と同じアルカリ性なので、刺激が非常に少なくなっていてお肌に優しい成分なので、おすすめの洗顔方法です。

「重曹洗顔」のやり方と注意点

どんな効果がある?

毛穴汚れや黒ずみを除去

毛穴に詰まった頑固な皮脂汚れや黒ずみは、市販されている洗顔料ではなかなかきれいに落としきれません。ですが、重曹ならそれらをしっかりと落としてくれます。

洗浄力が強いのでどうしてもお肌の弱い方には敬遠されがちです。ですが、先にも書かせていただいた通り、お肌と同じアルカリ性なので安心してください。

ターンオーバーを正常化してくれる

重曹洗顔をすることで、古い角質をしっかりと取り除き、お肌の生まれ変わりサイクル「ターンオーバー」を正常化することがきできるのです。また、続けることで、くすみやごわつきなどを改善する効果が期待できます。

よくエステなどで行われている「ピーリング」。重曹は炭酸ナトリウムなので、たんぱく質を分解してくれます。ピーリング剤を使わなくても、重曹洗顔することでピーリングと同じ効果を得ることができるということになります。

今までピーリングはエステで行ったり、高いピーリング剤を購入するしかないと思っていた方が多いですよね。でも、重曹ならコストもかなり抑えられるのでおすすめです。

消臭

年齢とともに男女関係なく発生する加齢臭。重曹には消臭効果もあるので、洗顔で使用することで、顔からの臭いの発生を抑制する効果が期待できます。

ニキビ予防・改善

殺菌効果がある重曹を洗顔で使うことによって、ニキビの元となっているアクネ菌の働きを抑制してくれます。ニキビの発生の原因の一つとして、ターンオーバーの乱れがあげられます。

重曹洗顔することで、ターンオーバーを促すことにもつながるので、ニキビ跡をキレイにする効果も期待できます。

広告

洗顔の手順

準備するもの

・いつもお使いの洗顔料
・重曹
・水
・泡立てネット

準備しないといけないものはとてもシンプルです。泡立てネットはなくてもいいですが、重曹自体が非常に泡立ちにくいです。しっかりと泡立てて泡で洗っていただきたいので、できれば100均ショップで販売されているものでもいいので、用意しておくことをおすすめします。

洗顔手順(重曹洗顔)

1.いつも洗顔するときのようにしっかりと泡立てます。(できるだけ泡立てネットを使用するようにしてください。)

2.「1」でしっかりと泡立ったところに、ひとつまみの重曹を入れてさらに泡立てます。

3.できた泡を顔にのせて、泡でなでるようにして汚れを落としていきます。

4.しっかりと流してください。(すすぎ残しはないよう丁寧に行いましょう。)

この洗顔方法は、とても洗浄力が強いので、やりすぎはお肌に負担をかけてしまいます。週に2回程度で十分です。

洗顔手順(重曹水洗顔)

敏感肌やアトピー肌、肌が荒れている時は、洗浄力が強い重曹洗顔を行うとそれがダメージとなることがあります。そういう場合は、重曹水を使っての洗顔がおすすめです。

重曹水を作る洗面器と、小さじ一杯の重曹を用意してください。

1.人肌程度のぬるま湯を洗面器に半分程度入れます。

2.「1」に重曹を溶かします。

3.「2」で作った重曹水で顔を優しく流します。

「これで落ちてるの?」と感じるかもしれませんが、非常にお肌への負担が少ない方法ですので、毎日行っていただいても大丈夫です。毎日続けることで、お肌が少しずつ明るくなっていくのを実感できるはずです。

「重曹洗顔」のやり方と注意点

注意点

使う重曹選び

洗顔に使用する重曹を購入する際は、ドラッグストアなどで販売されている「食用」「薬用」を選んでください。掃除用として販売されているものは、お肌にダメージを与えてしまいますし、口に入った時の安全性にも不安があります。

重曹洗顔用の重曹を選ぶ時は、きちんと確認してから購入するようにしてください。

毎日はNG

先にも少し書かせていただきましたが、洗浄力が強いので、毎日この方法で洗顔すると肌にダメージを与えることに。ピーリングも間隔をあけて行いますよね。それと同じだと思っておいてください。

重曹洗顔を行う頻度ですが、多くても週2回にとどめておいてください。理想は週1回です。きれいにしたい気持ちはわかりますが、やりすぎはNGです。

こすらない

洗顔をする時に、顔をゴシゴシこする方が多いのですが、重曹洗顔する場合は絶対にこすってはいけません。刺激となって肌トラブルの元となってしまいます。しっかりと泡立てて、泡で優しくなでるように洗うようにしてください。

すすぎ残しはNG

普通の洗顔料を使う時と同じで、重曹洗顔の場合もしっかりと洗い流し、すすぎ残しのないようにしてください。また、すすぐ際は熱いお湯を使ってしまうと、必要な皮脂まで洗い流してしまい乾燥の原因となります。ぬるま湯を使ってしっかりと流しましょう。

肌に合わないときはしない

当たり前ですが、一度重曹洗顔を行って刺激を感じたり、肌トラブルが起こったら行わないようにしましょう。初めて行う場合、パッチテストをするのがいいでしょう。

「重曹洗顔」のやり方と注意点

お肌の弱い方は慎重に!

重曹は人のお肌と同じアルカリ性なので、敏感肌やアトピーの方にもおすすめです。ですがやはり洗浄力も強いので、お肌の弱い方は慎重にならなければいけません。パッチテストは必ず行ってください。

パッチテストで問題がなくても、最初は重曹水洗顔の方からお試しになることをおすすめします。

定期的に行うことで、お肌のくすみもとれて一段と明るいお肌を手に入れることができます。ただ、何度もいいますがやりすぎはNGです。週に1度のスペシャルケアと位置付けて実践してみることをおすすめします。

広告
「重曹洗顔」のやり方と注意点