保険料や光熱費等を見直して、固定費を節約する方法

保険料や光熱費等を見直して、固定費を節約する方法

安い食材を使用したり、嗜好品を我慢したりしているのにもかかわらず、思うように貯金できないと悩んでいませんか。食費や光熱費を工夫してもお金が貯まらない人は「固定費」に無駄があるのかもしれません。

今回は固定費についてご紹介いたします。

何となく支払っている固定費を見直し、効率的に節約しましょう。

広告

そもそも「固定費」って何?

そもそも、「固定費」とは何なのかご存知ですか。まずは、固定費がどのようなものなのか確認しておきましょう。

固定費と変動費

家計の支出は「固定費」と「変動費」に分けられます。固定費は毎月定額で支払いがあるもの、変動費は支払い額が月によって変わるものです。

節約の対象となりやすいのは変動費であり、固定費を十分に節約できていない人は多いです。

固定費と変動費の具体例

固定費と変動費の具体例は以下の通りです。

固定費の具体例

・保険料
・自動車維持費
・家賃
・住宅ローン
・インターネット通信費
・携帯電話基本料
・固定電話基本料
・電気の基本料
・クレジットカードの年会費など会費制サービス

変動費の具体例

・食費
・交際費
・娯楽費
・服飾費
・使用量によって変わる光熱費

固定費は家計節約のポイント

贅沢をしない、安いものを使う、電気をこまめに消すなど、変動費は節約しやすいことが特徴です。

その一方で変動費は大幅に節約できず、努力をしても効率的にお金が貯まらなかったり、節約の継続が難しかったりするのも現実です。

変動費を節約してもお金が貯まらないときは固定費を見直すのがポイント。固定費は一度節約できれば長期的に効果を得られ、節約のストレスもたまりにくいといえます。

また、固定費の節約は家計の支出を大幅に減らすことができます。

保険料や光熱費等を見直して、固定費を節約する方法

優先順位が高い「保険料」と「自動車維持費」の節約方法

固定費の節約は家計の支出を抑えるポイントですが、特に保険料と自動車維持費は優先的に節約すべきです。それぞれの節約方法を確認しましょう。

保険料の節約方法

保険は住宅、自動車、教育、老後生活と並んで日本人の五大支出の一つです。保険にはさまざまな種類があり、生命保険、医療保険、学資保険、火災保険などに複数加入している人も多いです。

保険は万が一の時に大切ですが、保険代を払いすぎている場合は注意が必要。必要最低限を意識して、不要な保障は見直しましょう。

特に、数年以上前にセールスマンやセールスレディのおすすめで保険に加入した人は、保障内容をしっかりと確認することが重要です。

保障内容が自分や家族に合っていない場合はプランを変更したり、保険会社を変えたりして節約しましょう。不要な保険に入らず、浮いたお金は貯めておくともしものときにも安心です。

自動車維持費の節約方法

自動車は車両購入費のほかに維持費もかかります。

自動車の維持費

自動車にかかる維持費の主な内訳は以下の通り。

・税金
・保険代
・駐車場代
・車検代
・ガソリン代

他にも、消耗品代や修理費用、高速道路料金などにお金がかかります。

平均的な維持費は軽自動車の場合で30〜50万円、普通自動車で40〜60万円。自動車にあまり乗らない人は思い切って手放すのも良いですが、それが難しい人は上手く節約することが大切です。

自動車維持費の節約方法

・自動車を変える

自動車を利用する人は車種を変えれば維持費を節約できることもあります。特に普通車に乗っている人は軽自動車への乗り換えを検討してみましょう。年間の維持費を約10万円節約できます。

・駐車場代金を見直す

自宅の近くに駐車場が増えた場合、価格競争で駐車場代金を節約できることがあります。半年または一年に一度程度利用する駐車場を再検討しましょう。

・保険代を見直す

任意保険を見直すと大幅に自動車の維持費を節約できます。割引や特約をうまく利用すると、補償内容を変えずに保険代を減額できることもあります。

他にも、ディーラーではなくガソリンスタンドやカー用品店で車検をしたり、ガソリン代を節約したりすれば維持費は抑えられます。

広告

その他の固定費の節約方法

保険代や自動車維持費以外の固定費も節約できます。それぞれの節約方法を確認しましょう。

家賃や住宅ローンの節約方法

現在は低金利です。金利が高い時代の住宅ローンは、借り換えの検討が必要です。借り換えには手数料がかかるため、しっかりと確認することも大切です。

賃貸の場合は家賃が安い場所に引っ越しを検討しましょう。家賃が収入の30%を上回る場合は身の丈に合っていないと考えてください。

通信費の節約方法

通信費はプランを変更したり、割引を利用したりすると節約できることが多いです。固定電話とインターネットがセットになったプランを利用すると、年間の通信費を大幅に抑えられます。

テザリング機能が付いたスマートフォンを持っている時はインターネット契約をやめるのも一つの手段です。

電気代の節約方法

電力自由化以降、さまざまな会社と電力の契約ができるようになりました。価格競争によりお得なプランもできているため、一度電気の基本料金を見直してみると良いでしょう。

昼間不在の場合は、深夜電力プランに変えると大幅な節約も可能です。

会費制サービスの節約方法

クレジットカードを複数持っている場合は年会費と利用頻度を確認し、不要なものは解約しましょう。

クレジットカード以外でも会費がかかるサービスは内容と費用を見直すことが重要です。

保険料や光熱費等を見直して、固定費を節約する方法

固定費を見直して節約しよう

家計の出費を抑えたい場合、固定費を節約することは大切です。変動費と比較して節約が難しく感じるかもしれませんが、継続的に節約の効果を得られるため、さまざまな方法で節約してみましょう。

思い切って固定費を節約すれば貯金に回せる金額も大幅に増えますよ。

広告
保険料や光熱費等を見直して、固定費を節約する方法