【風邪の時のお風呂】入り方次第で回復を早めるってホント?

【風邪の時のお風呂】入り方次第で回復を早めるってホント?

みなさんは、風邪の時お風呂に入りますか?昔は入ってはいけないといわれていましたが、最近では、風邪でも熱がなければ入ってもいいとされています。風邪をひいていても、入り方次第で早く治るというウワサもありますが、本当なのでしょうか?

風邪をひいた時にお風呂に入ることで、体にどんなメリットがあるのかをご紹介いたします。また、正しい入り方や、お風呂に入らない方がいいのはどんな時なのかも併せてご紹介いたします。

広告

風邪の時にお風呂に入るメリット

「風邪の時にお風呂に入るなんて!」と年配の方からお叱りのお言葉が聞こえてきそうですが、それは昔の話です。風邪をひいている時にお風呂に入ることで得られるメリットをご紹介いたします。

新陳代謝をアップ

お風呂に入ることで、血行がよくなります。筋肉の緊張もほぐされるので、血管が広がり、新陳代謝もアップします。つまっていた鼻も通るようになり、浴室の湯気などで喉の痛みも緩和されます。

お風呂に入っている時に、鼻づまりがよくなったと感じたことがあるはずです。また、湿度が高い所にいると、風邪のウィルスの動きを抑制することができます。

発汗作用

お風呂に入って身体を温めると、熱を逃がす為に発汗します。これによって、熱を下げることができます。解熱剤は急激に熱を下げますが、お風呂で体を温めた場合は、緩やかに熱を下げることができます。

ウィルス増殖抑制

風邪をひいている時にもお風呂に入って、体を清潔にすることで、発汗作用も促進されます。また、ウィルスの増殖抑制効果も期待できます。

【風邪の時のお風呂】入り方次第で回復を早めるってホント?

正しいお風呂の入り方

風邪の時のお風呂の入り方は、いつもと同じように入るのではなく、正しい入り方で入って下さい。

浴室と部屋を温める

寒い浴室に入るのは良くないことはわかりますよね。また、湯冷めしない為にも、入浴前に事前にお部屋を温めておきましょう。

温度と時間

お風呂の温度は41度がベストです。これ以上高くして熱すぎるお湯に入るのは、体にかなりの負担となってしまいます。また、しっかり体を温めた方がいいからといって、長湯をしてはいけません。かえって体力を消耗してしまいます。

湯船に浸かる時間は、長くても30分ぐらいにしておきましょう。

脱水に注意

お風呂に入ると、汗をかきます。特に微熱がある状態でお風呂に入ると、脱水を起こすことがあります。入浴前にある程度水分を摂ってから入浴してください。また、入浴後もしっかりと水分を摂るのを忘れないようにしてください。

この時の水分は、冷たい物はあまりおすすめできません。少し温かいか、ぬる目の物を摂るようにしましょう。

入浴後はすぐに髪を乾かす

入浴後は素早く体の水分を拭き取って、衣類を着るようにしましょう。また、特に女性の方ですが、髪はすぐに乾かしてください。濡れたままでいると、どんどん体も冷えていくので注意してください。

広告

こんな時はお風呂をお休みしよう!

風邪の時でも入浴はできるのですが、次の症状がある場合は、お風呂をお休みしてください。

熱が38度以上ある時
・吐き気やめまいがする時
・ひどい頭痛があるとき
・嘔吐したり気持ちが悪い時
・下痢の症状がある時
・かなりひどい寒気がする時
全身に倦怠感がある時

以上のような症状がある時にお風呂に入ってしまうと、症状を悪化させてしまう可能性があります。風邪を悪化させない為にも、お風呂はお休みするようにしてください。

【風邪の時のお風呂】入り方次第で回復を早めるってホント?

赤ちゃんや子どもも入っていいの?

ここまでご紹介したのは大人の場合ですが、基本的に赤ちゃんや子どもも、最近では風邪の時でもお風呂に入っていいとされています。ただし、以下の症状が見られる時は、お風呂は控えて下さい。

38度以上の熱がある
・微熱でぐったりしている
・元気が無い
・下痢をしてる
嘔吐している
・機嫌が悪い

大人と違って、小さいお子様は急激に症状が悪化することがあります。ちょっとした風邪だから大丈夫という軽い考えをもつのはやめましょう。しっかりその時の体調やお子様の様子をチェックしてから、入浴するかどうか決めてあげて下さい。

【風邪の時のお風呂】入り方次第で回復を早めるってホント?

風邪を引いている人の次にお風呂に入っても大丈夫?

風邪を引いている人がお風呂に入った後は、浴室がウィルスでいっぱいになっているかもと想像してしまいがちです。ですが、基本的にうつることはほとんどありません。お風呂というのはかなり湿度も室温も高くなっています。そういった所でウィルスが元気に活動するというのは、かなり難しいからです。

注意していただきたいのは、次に入るのが赤ちゃんや小さなお子様、お年寄りの場合です。健康な成人と比較すると、免疫力も低いので、稀にうつってしまうことがあります。

お子様やお年寄りの方がいるご家庭では、風邪を引いている人の入浴は一番最後にするようにしましょう。

【風邪の時のお風呂】入り方次第で回復を早めるってホント?

お風呂を上手に使って風邪退治!

風邪の時でも、その時の正しい入り方を実践することで、風邪の症状を緩和したり、早く治すことができます。長湯をしないこと、湯冷めしないようにすること、などの点に注意してください。また、しっかりと水分補給も忘れないようにしましょう。

風邪の時の体調と相談しながら、お風呂をうまく利用して、風邪を早く治してくださいね。

広告
【風邪の時のお風呂】入り方次第で回復を早めるってホント?