【テレビで話題】小林暁子先生発案の「健美腸体操」のやり方

【テレビで話題】小林暁子先生発案の「健美腸体操」のやり方
小林メディカルクリニック東京の院長であり、テレビにも度々出演されている小林暁子先生。先生が発案された「健美腸体操」がテレビ番組でも紹介されたこともあって、話題沸騰中です。芸能人の方が実際に行い便秘を解消することができその効果も実証されています。

まずは腸内環境が乱れるとどんなことが起こるのか、どうなるのかをご紹介いたします。また、小林暁子先生とはどんな方なのか、先生が発案した健美腸体操のやり方なども併せてご紹介いたします。便秘でお悩みの方必見です。


広告

腸内環境が乱れるとどうなる?

腸内環境が乱れるというのは、腸内細菌のバランスが崩れてしまっている状態の事をさします。腸内環境が乱れることによって、体に様々な影響がでてしまいます。

便秘

3日間ずっと便が出なかったり、便をしてもなんだか残便感があったりする方、それは便秘である可能性が高いです。腸内環境が乱れるというのは、腸の中の善玉菌が減り、悪玉菌が増えてしまっている状態です。

腸の動きも鈍くなって、便を排出する力が弱くなってしまい。便秘になってしまいます。

下痢

腸内環境が乱れてしまうことで、腸は過敏な状態になってしまいます。便の形が出来上がる前に出ていってしまうので下痢のような状態となってしまうのです。

免疫力ダウン

人間の腸の中には「免疫細胞」という細胞が存在しています。腸内環境が乱れることによって、この細胞の働きが弱くなり、免疫力が落ちてしまい、体の不調へとつながってしまいます。よく口内炎ができたり、体調不良が続いているという方は、腸内環境が悪くなっている可能性があります。

肌荒れ・ニキビ

腸の中で悪玉菌が優勢となってしまうと、有毒なガスが発生し、おならやゲップとして出ていきます。ですが、便秘になり便がなかなか排出されない状態が続くと、有毒ガスが腸の中から吸収され血液の流れにのり、全身を巡ります。

当然お肌にも、ニキビや吹き出物などといった「肌トラブル」という形で現れてしまいます。

花粉症

花粉症は、アレルギーに免疫機能が過剰反応してしまうことで引き起こされます。腸内環境が乱れると、免疫力が落ちることは先にご紹介した通りです。免疫機能が正常でない状態だと、花粉症発症のリスクが高くなります。

大腸がんの可能性がアップ

日本人のがんによる死亡率が高くなっている「大腸がん」。特に女性の方がこの大腸がんになる比率が高くなってきています。

日本人の食生活も動物性たんぱく質を多くとる傾向にあり、食物繊維が不足しがちになっています。食物繊維は皆さんもご存知の通り、便秘改善に高い効果があるものです。

食生活の変化によって、腸内環境が乱れやすくなっており、それが大腸がんになる可能性をアップさせてしまいます。

【テレビで話題】小林暁子先生発案の「健美腸体操」のやり方

小林暁子先生とは?

健美腸体操の発案者でもある小林暁子先生。先生は、「小林メディカルクリニック」の院長で、最近は健康がテーマとなっている番組にもたびたび出演されており、ご存知の方も多いのではないでしょうか。

1996年に順天堂大学医学部を卒業されて、順天堂大学で10年間医師としての経験を積まれました。2005年に自信が院長を務めている病院を開設されています。

専門は内科と皮膚科ですが、便秘外来の実績が十分で、著書も数冊出版されており、どれも人気を集めています。

44歳とは思えない美しいルックスで、美魔女と言われています。旦那様も同じ医師であり、順天堂大学医学部の教授であり、東京都医師会理事もされておられるすごい方です。

旦那様のルックスもよく、まさに美男美女の医師夫婦です。

小林暁子先生のその美しさから、美容に関するお話ももっと聞かせてほしいという声が多数上がっています。今後テレビでそういったお話が聞ける日が来るかもしれませんね。

広告

健美腸体操のやり方

小林暁子先生が考え、非常に高い効果があると評判になっている「健美腸体操」のやり方をご紹介いたします。

ランニングマン

1.椅子に腰かけます

2.走る時のように足を交互にあげます。この時左ひざをあげたら右ひじをつけ、右ひざをあげたら左ひじを付けるように、体を少しひねる感じで行います。

このランニングマンを2~3分間行います。

押せてますよ体操

1.椅子に腰かけます。

2.右足を上にして足を組みます。

3.左右どちらの手でもいいので、グーをして右足付け根にあてがいます。

4.そのまま前かがみになって、グーをした手で腸を押します。

この体操を10回行います。

この二つの体操を毎日続けることで、頑固な便秘を改善していく効果が期待できます。芸能人の鈴木奈々さんも、この方法で便秘を改善されています。

【テレビで話題】小林暁子先生発案の「健美腸体操」のやり方

腸内環境を整えて健康に!

腸内環境が乱れは、体に悪影響を及ぼします。たかが便秘と思われている方もまだまだ多いようですが、そのたかが便秘と思っていることが、実は重大な病気へと発展する可能性があるのです。

健美腸」健康で美しい腸を目指すなら、体操と併せて発酵食品を積極的に摂るように心がけて下さい。ヨーグルトはもちろんですが、味噌や醤油のように毎日の料理に使える物もあります。

パン食がお好みの方なら、天然酵母のパンなどもいいのではないでしょうか。朝食の時にヨーグルトやサラダなどと合わせるのがおすすめです。

いつまでも健康で長生きする為には、腸内環境を整えることも大切です。さっそく今日からはじめてみてくださいね。

広告
【テレビで話題】小林暁子先生発案の「健美腸体操」のやり方