虫みたいなものが見える方へ。「生理的飛蚊症」の原因と改善方法

虫みたいなものが見える方へ。「生理的飛蚊症」の原因と改善方法

いつからか、視界の中に黒い虫のようなものが見えている、そんな症状はありませんか?それは視界に関わる「病気」の症状かもしれません。みなさんは「飛蚊症」というものを聞いたことはありますか?

「飛蚊症」とは、視界の中に黒く小さな虫が飛んでいるように見えている症状のことをいいます。その「黒い虫」のようなものは、人によって形や大きさは様々で、「黒い虫」のようなものは動いていたり、動いていなかったりします。発症する年齢も定まっていなく、20代ごろから自覚症状が出てくる人もいます。

「飛蚊症」には2種類の原因があります。それは「生理的な原因」の場合と「病気が疑われる」の場合です。

広告

生理的飛蚊症の原因と症状

生理的に起こる飛蚊症の原因は、目の中の造りと大きく関係があります。目玉の裏には99%が水分として存在している透明なゼリー状の「硝子体」というもので埋め尽くされています。この「硝子体」は、成長とともに変化していくもので、若いうちは濁りもなく透明なものですが、年をとっていくうちに、その「硝子体」は濁っていきます。

それと同時にこの部分の繊維と水分が分離していく過程で一部しわのようなものができます。その部分が「黒い虫」の原因です。

症状としては、「黒い虫」的なものが視界に現れ、目を擦ったり視界を移動させたりしても、その「黒い虫」が一緒に動くといった症状があらわれるのです。「黒い虫」だけでなく、白っぽかったり、半透明だったりと、さまざまです。

また、その物体の形状は、糸のような細長い形状や、小さい粒状になっていたり、輪っか状になっていたりしています。この生理的飛蚊症といわれるものは、「老化やストレスが原因」と診断する医師が多いです。

しかし、老化やストレスだけではない場合があるのが恐ろしいポイントです。疑われる重篤な疾患として「網膜剥離」や「硝子体出血」、そして「ぶどう膜炎」があげられます。

虫みたいなものが見える方へ。「生理的飛蚊症」の原因と改善方法

網膜剥離

ちなみに病気が疑われる場合のことについても触れておきましょう。まずは「網膜剥離」です。網膜剥離とは網膜が剥がれてしまっている状態や、穴があいてしまっている状態で、「黒い虫」のようなものが見える自覚がでてきます。

「黒い虫」だけでなく、閃光のような瞬間的に発生する強烈な光が症状として発症する場合もあります。痛みなどはなく、次第に視力は低下していき、適切な治療を受けなければ失明の可能性もあり、危険です。

硝子体出血

次に挙げられるのが「硝子体出血」という病気です。名前のとおり、硝子体から出血するような症状で、原因は糖尿病や高血圧、また外傷である場合に硝子体から出血が起こります。この出血の程度により、症状は異なってきますが、軽度の場合であると「飛蚊症」のように「黒い虫」のような糸状のものや輪っか状のものが視界に入ってくる症状があります。

しかし、重度な出血であると、霧がかかってきたような霞みかたをしたり、墨のような液体が垂れてきているのが視界を邪魔するようになります。最初は軽度でも、ほっておくと出血が続き悪化してしまうのです。

ぶどう膜炎

次に挙げられるのが「ぶどう膜炎」というものです。「ぶどう膜炎」の症状として、硝子体が濁っている、そういった原因から視界が霞んで見えたり、まぶしく感じたりする症状から「飛蚊症」へとなっていきます。また、長い期間の充血、そして視力が低下していくため、少しでも自覚症状が見えたら早めの受診を受ける注意が必要です。

広告

生理的飛蚊症の改善方法

「生理的飛蚊症」は上記では年をとると共に発症してくると記載しましたが、近年では若者が飛蚊症を発症するケースが増加しています。その背景には、「紫外線」、「ストレス」、「喫煙」、「飲酒」、「栄養障害」などから発生する「活性酸素」が原因となっています。

この「活性酸素」は硝子体を濁らす作用を持つ有害物質です。このことから、予防法としては飲酒や喫煙などをなるべく控えて、バランスの良い食事をとるようにしましょう。また、目に紫外線を直接当たらないよう、日差しの強い日にはサングラスをかけて外出するように心がけましょう。

また、すでに「飛蚊症」の症状がでている方の改善法としては、直ちに病院で診断してもらいましょう。

放置しておくことは、良くても現状維持のままで、多くは病状が進行していきます。しかし、受診しても、「加齢などによる生理的な飛蚊症」と診断された場合、とくに有効な治療法はいまのところないといわれています。そのためほとんどが「慣れてください」という治療アドバイスをもらうことが多いです。

上記の予防法は、すでに発症している方でも実践して頂きたい方法です。またこの病気に「活性酸素」が大きく関与しているため、その「活性酸素」の作用をとめる「食べ物」を摂取していきましょう。活性酸素の作用を止めてくれる栄養素として、ビタミンC、ビタミンE、βカロテン、ルテインやアントシアニンが挙げられます。この栄養素が豊富に含まれている食材をうまく摂取していきましょう。

広告
虫みたいなものが見える方へ。「生理的飛蚊症」の原因と改善方法