話題の万能オイル「シアバター」の髪への効果と使い方5つ

話題の万能オイル「シアバター」の髪への効果と使い方5つ
冬になると乾燥が気になり始めますよね。女性は特に年齢を重ねるにつれ肌にも髪にも気をつかっていかなければなりません。しかし、中には添加物が苦手で肌が荒れてしまう方や、敏感肌でお困りの方も多いでしょう。

そんな方におすすめしたいのが自然の力を利用した“シアバター”を使ったケア方法です。シアバターを知らない方はいないほど、乾燥対策には浸透しているとは思いますが、髪にも効果があることはご存知ですか?

今回は、年齢とともに気になる髪へのケアとして嬉しい効果がたくさんある“シアバター”についてご紹介していきたいと思います。


広告

「シアバター」ってどんなもの?

シアバターはアフリカで昔から使われていたものです。シアの木からなる種子から採取できる油脂ですが、本来は薬として用いられてきました。

やけどや傷など、用途はさまざまで、万能的に効果のある薬であったといえます。そんなシアバターにも2つの種類が存在します。

未精製品

匂いが甘く、ココナッツに近い感じがし、色がクリーム色なのが特徴です。この状態で使用できることは、日本ではほとんどないと言っても過言ではないでしょう。

原産地では未精製のまま使用していたのだと思いますが、酸化してしまうため、私たちが手に取ることができるのは未精製のものではないといえます。

精製品

不純なものを取り除き、酸化を防いだ状態にしているのが精製品です。色にも違いがあり、白色をしているのが特徴で匂いもありません。

未精製のものの方が浸透力は高いものの、保存期間が限られるためたくさんの人の元へ届けることができないのが現状です。ただ、精製品だからこそ安心して使用できるというメリットもあるため、原産地に居住していない限りは精製品を使うことをおすすめします。

話題の万能オイル「シアバター」の髪への効果と使い方5つ

シアバターの髪への効果は?

シアバターには嬉しい成分がたくさん含まれています。顔にだけ使えると思っている方は損をしているといっても過言ではないでしょう。

保湿性が高い

地肌を柔らかくするために大切なのは保湿です。シアバターなら十分な保湿力を得られるトリテンペンアルコールを与えることが出来ます。

顔の肌と同じように、地肌にも保湿が必要です。乾燥していると髪もパサついてしまうため、髪を健やかに保つためにも地肌を潤わせることは大切といえるでしょう。

酸化を防止してくれる

お肌は常に老化と戦っている状態です。1歳年をとるごとに、それに打ち勝つための対策を取る必要があるのです。

シアバターならそんなお肌の酸化を食い止めてくれる効果があるため、顔とつながっている地肌も若々しく保ってくれます。また、紫外線バリア効果もあるので、地肌や髪の傷みを防ぐ効果も同時に得られます。

炎症を抑えてくれる

アフリカではもともと炎症を抑える目的で使用されていたことが多かったシアバター。当然頭皮に赤みや傷がある場合にも安心して使えるだけでなく、さらなる炎症を予防してくれます。

皮ふの再生、治癒力をサポートしてくれるのは嬉しい効果といえるでしょう。中々ケアできていない地肌、髪のダメージを取り除いてあげることが出来れば、いつまでも年齢を感じさせない艶髪を手に入れることが出来ますね。

広告

シアバターの髪への使い方

ではこれだけ嬉しい効果がたくさんあるシアバターの髪への使い方についてご紹介していきましょう。

1.髪を乾かす前に

もっとも使いやすい方法としては、髪を乾かす直前に毛先などに塗り付ける使い方です。両方の手のひらで温め、柔らかい状態にしてから塗布していきましょう。

温めることで髪になじみやすくなりますし、両手の上であらかじめなじませておくことでべたつきが気にならず、ほどよく艶感を出すことが出来ます。

また、毛先のダメージが酷い場合は、5分程度放置してからドライヤーをかけるとよいでしょう。栄養成分を浸透させることが出来るため、早い改善が期待できます。

2.頭皮へ直接

シアバターの炎症抑止効果を利用するとともに、髪が育つ部分である頭皮に直接塗ることでパサつきや乾燥を防いでくれます。

特に地肌にかゆみが生じている時がおすすめ。もちろん、つけすぎると髪がしっとりし過ぎてしまうので、ごく少量を炎症がみられる場所につけるようにしてください。

3.シャンプー前の乾燥予防に

毎日の仕事で髪を整えてから出かける方がほとんどだと思いますが、ワックスやスプレーを使用している場合は、洗髪の際にしっかりと洗い流しておく必要があります。

しかし、洗浄力の強い洗髪剤を使うと、汚れを落とすことはできるものの油分を過剰に摂り過ぎてしまう恐れもあるのです。これが乾燥のもととなり、炎症やかゆみを招く原因にもなります。

そんな時には洗髪前に髪をパドルブラシでとかし、埃を取り除いた状態でシアバターパックを行いましょう。頭皮や髪につけ、ホットタオルで蒸気を閉じ込め15分程度放置します。

タオルをとる前に軽く地肌をマッサージしてあげると抜け毛予防にもなります。

その後は通常通り洗髪を行ってください。これだけで失われ過ぎていた油分を保護することができるでしょう。

4.シャンプーへプラス

洗髪剤にはたくさんの種類があります。洗い上がりはさっぱりとした仕上がりがお好みの方でも、髪がきしんでしまうような場合には注意が必要です。

髪がきしんでいる=髪に油分が足りていないということです。頭皮はすっきりしても、髪の保護ができていなければ傷みがひどくなってしまうのです。

そこでおすすめなのは、洗髪剤に直接シアバターをプラスする方法です。洗髪剤と混ざることで、べたつきが嫌いな方も安心です。もちろん、温めて柔らかくしたシアバターを使ってくださいね。

お湯を少量加えて、薄めながら柔らかくしていく方法もおすすめです。

5.髪のセット時に

ワックスなどを使用するほどでもない場合は、シアバターを代わりに使ってみて下さい。ごわつきやパサつきが起きている箇所に少量塗り付けるだけで、まとまりを作ることが出来ます。

髪を結った際に後れ毛や短い毛が浮いて気になる時にも効果的です。きれいなまとめ髪を作ることが出来るため、試してみて下さいね。

添加物などが心配な方は、オーガニックでシア脂100%のものをチョイスすると安心ですよ。

広告
話題の万能オイル「シアバター」の髪への効果と使い方5つ