透明感のある色白美肌の作り方

透明感のある色白美肌の作り方
小麦色に日焼けした肌は健康的で良いですが、透き通るような色白の肌の女性を見ると見とれてしまいますよね。どのようにすれば色白の肌になれるのでしょうか?色白で美しい肌になれる方法をお伝えします。


広告

なぜ色黒になるの?

肌が色白の女性を見るとうらやましいなと思ってしまいますね。世界中にはさまざまな人種の人が暮らし、国によって肌の色もそれぞれ異なりますが、日本人は肌の白い方や小麦色、または色黒の方など幅が広いですよね。

日焼けをしたときに黒くなってしまう方、または赤くなった後でまた白色に戻る方などもいます。

色黒になるのは、メラニン色素が関係していますが、メラニン色素自体には肌の色を黒くしたりするような働きはないのです。チロシンキナーゼと呼ばれる酵素が肌の色と関係していますが、チロシンキナーゼは紫外線やホルモンなどの刺激によって色が変わります。

メラニン色素には、ユーメラニンとフェオメラニンがあり、紫外線などの刺激などによって小麦色になるのがユーメラニンで、赤みや黄みの色がフェオメラニンです。

ユーメラニンの量が多いと肌の色が茶色っぽくなり、フェオメラニンでは、赤くなったような肌になります。

透明感のある色白美肌の作り方

色白になれるのはどんな人?

肌色はメラニンやチロシンキナーゼが関係しています。日常生活を改善することで色黒でも色白になれることがありますが、どのような方が色白になれるのか見ていきましょう。

腹部や二の腕の色が白い

腕や顔などは日焼けをしやすい部分なので小麦色に焼けてしまいますが、お腹の部分や二の腕が白い方は色白になれる確率が高くなります。

肌細胞の周期を改善する

肌が乾燥したり、ターンオーバーが崩れると角質が溜まってくすみとなってしまいます。規則正しい生活や栄養バランスの良い食事などで肌細胞の周期を整えてあげることで色白が目指せます。

生活習慣を改善する

不規則な生活や寝不足などは肌細胞のサイクルを乱してしまいます。メラニンを元の状態に戻してくれるような食事メニューや十分な睡眠など生活習慣に気をつけるだけで美しい色白になれますよ。

広告

色白美肌の作り方

色白を目指すならポイントをしっかりおさえて行うことが大切ですね。どのようなことをすれば色白になれるのか早速見ていきましょう。

紫外線対策

紫外線はお肌に悪いので、陽ざしの強い時間は外出を避けるのが良いでしょう。紫外線を浴びてしまうと肌の色が黒くなって白く戻るまでに時間がかかってしまうことがあります。

外出時は日焼け止めを塗ったり、帽子をかぶる、サングラスや日傘を使用するなど紫外線を浴びないように注意しましょう。日焼け止めは外出する時はPF30~50でPA++以上のものを使用すると良いですね。

生活習慣

色白の肌を目指すなら体の外だけを対策するのではなく、体の内から改善することも大切ですね。体の外側をどんなにカバーしても体の中に栄養が行き渡らないと色白になることは難しいでしょう。

ビタミンB群やビタミンC、ビタミンEなどを含む食事内容にするとコラーゲンの働きが良くなったり、くすみなどを取り除いて色白の肌に近づくことができますね。

スキンケアで色白になる

洗顔や化粧水など基本的なスキンケアは誰でも行っていますよね。スキンケアでも美白成分の含まれたものを使うと効果的です。

肌細胞が生まれ変わるためには保湿の高いものを選ぶと肌細胞の周期を整えるのに役立ちます。

また古い角質や毛穴の汚れをしっかり落とすためにも洗顔はきちんと行い、フェイスパックも定期的に行うと肌サイクルが整うようになり、美肌作りに良いですね。

サプリメントを使用する

普段の食事でビタミン類などをたくさん摂るのが難しい時がありますが、そのような時はサプリメントを飲むのも良いでしょう。特に美白効果の高いビタミンCや、肌のサイクルを改善してくれ美しい肌に導く作用のあるビタミンAなどのサプリメントを選びましょう。

透明感のある色白美肌の作り方

まとめ

スキンケアグッズなどに頼らずに野菜や果物など食べ物から栄養を摂って体の内から色白になりましょう。

不規則な生活は肌にも影響を与えてしまいます。人は寝ている間に体の調子を整えてくれるので睡眠はたっぷりとるように心がけると良いですね。

広告
透明感のある色白美肌の作り方