二重まぶたにするマッサージ

二重まぶたにするマッサージ
「整形は怖いし、アイプチなんてめんどくさい!なんとか自力で二重まぶたになれないの?」とお悩みの皆様。

今回は、一重や奥二重のまぶたを二重へ変える効果をもつマッサージ方法をお伝えしていきたいと思います。まぶたにコンプレックスをお持ちの方や、アイプチやメイクでごまかしてはきたけどもう限界!という方は試してみてくださいね。


広告

一重の方向けのマッサージ

後天的に二重まぶたにできたという人は意外と多いので、たとえ現在がどう見たって一重であったとしても諦めてはいけません。一重まぶたの人が二重に近づくには、まぶたの上の脂肪を取り、二重のラインの癖を付けてそれを定着させればOK。

そこで、上まぶたの脂肪を流す為のマッサージ手順をお伝えしましょう。

1.眉毛の下に骨がありますね?この骨を顔の内側から外側に流れるように3〜5秒間ずつ押していきましょう。これを5回繰り返してください。

2.次は目の下の骨です。この骨を両手の中指を使いさっきと同じような要領で内側から外側へと押していきます。こちらも3〜5秒×5セットで。

3.こめかみを5秒間ほど押して、鎖骨まで脂肪を流すような感じでさすってください。この動作は5セット行いましょう。

二重まぶたにするマッサージ

奥二重の方向けのマッサージ

二重の感覚が著しく狭い為、見る人によっては一重まぶたに見えてしまうのがネックである「奥二重」。実は自分では一重と思っててもよくよく見れば奥二重だったというケースもあるんですよ。

さて、この「奥二重」をちゃんとした二重まぶたにするには、どうマッサージしたらいいのでしょうか?いくつか方法を載せますので、試してみてくださいね。

毛細血管をマッサージする

目の周囲を指で軽くなぞって代謝を促進させ、まぶたの脂肪を燃焼させましょう。

ただ、あまり強く押さえると毛細血管が切れて内出血などを起こすかもしれませんので、あくまで丁寧に。

額からこめかみにかけてマッサージする

軽く握ったこぶしを額に当てて、円を描くように揉んでほぐします。中央からスタートし、マッサージする手を少しずつ横へずらしていきましょう。

次に、脂肪をこめかみに押し出すような流れでマッサージしていきましょう。額の周りの筋肉を刺激することで、まぶたのむくみを取ったり、たるみをひきしめる効果が期待できます。

蒸しタオルで温める

まず、タオルを2枚用意してください。

最初は、38〜42度くらいの蒸しタオルで両目を5分ほど温めてみましょう。

次に水で冷やしたタオルで目を1分間ほど冷やします。この流れを2〜3回ほど繰り返してください。

広告

二重になるその他の方法

少し荒技にはなりますが、マッサージの他にも二重まぶたを作る方法はあります。その方法を少しばかりご紹介しておきますね。

ヘアピンで固定する

まず前髪を留める時に使うような細いヘアピンと、セロハンテープを準備してください。

次にヘアピンを使い、二重になるようにまぶたに折り目をつけます。ピンを上まぶたにグッと押し込めば、二重の状態ができあがるでしょう。好みの二重が作れたら、ピンを持ったまま鼻の方向へ向かいつつゆっくりと横へ倒してください。

まだ、まぶたにピンは押し込んでいますね?ではそのピンをセロハンテープで固定しましょう。感覚としては、まぶたにピンが刺さってる状態で固定する感じですね。目の付近よりかは、鼻の上あたりにテープを貼るのが良さそうです。

家にいる時など、できる時はずっとこの状態でいるとより効果的との事。個人差はありますが、1〜2ヶ月で自然な二重ができあがります。

二重まぶたにするマッサージ

まとめ

いかにまぶたの脂肪を取り、二重の癖を付けることができるかどうかが勝負の分かれ目でしょう。

よって個人的には、マッサージとヘアピン固定の併用が、最も二重まぶた作成に効果がありそうなのでおすすめです。

全国の一重&奥二重まぶたの皆様、諦めずに頑張ってみてくださいね。

広告
二重まぶたにするマッサージ