目元にできるシワの種類と消す方法

目元にできるシワの種類と消す方法

いつからか目元のメイクがやりにくくなった、アイメイクがよれる、鏡を見ると目元のシワが増えている、こういった悩みはとても多いです。女性は自分の肌の変化に敏感ですから、衰えたのかも?と不安になることもありますよね。

肌の悩みでも特に多いシワ。中でも目元のシワは、早ければ20代から悩む人も少なくありません。皆さん気になるシワの原因や対策をご紹介いたします。


広告

目元はシワができやすい

どうしても目元はシワになりやすい場所で、きちんとその原因もあります。どのような理由があるのでしょうか?

笑う時にできてしまうから

表情豊かで笑顔が多い人ほど笑いジワがあるといわれています。笑うと目元がゆるみ、頬が引き上げられることから、目尻のシワができやすいのです。

目をこすることが多い

アレルギーなどで、目をこする癖がある人が増えています。目をこすると、目の周りの皮膚が摩擦によってシワになりやすくなってしまします。メイクを落とすときに、拭きとるクレンジングで目元をごしごしこするのも、シワの原因です。

乾燥

目元の皮膚はほかの部位より皮脂の分泌が少ないです。乾燥からシワになることがとても多いので、目元は意識して保湿しないとシワがたくさん作られていきます。

紫外線

太陽光から出ている紫外線は、長時間浴び続けると肌の成分であるコラーゲンを破壊してしまいます。コラーゲンが失われることで、肌の弾力がなくなりシワになっていくのです。

目元のメイク

女性はアイメイクをしっかりすることがありますから、それだけ目元の皮膚には負担がかかります。きちんとケアしていても、メイクは肌への負担がゼロではないのです。

目元にできるシワの種類と消す方法

目元のシワの種類

実は目元のシワは大きく分けて3種類あります。

ちりめんジワ

乾燥が原因でできるといわれる、目元のシワで多いものです。ちりめんのように細かく小さいしわがいくつもできることをいいます。20代でもちりめんジワに悩む人がいます。

真皮ジワ

目元に深く大きくできてしまうのが真皮ジワです。加齢によってできてしまうことが多く、姿勢の悪さなども関係してきます。

表情ジワ

顔の筋肉が動いたときにのみできるので、普段はしわになっていません。特に笑顔や泣き顔でできることが多いです。

広告

目元のシワへの対策

目元のシワは、一度できてしまうと無くすことはとても難しいです。シワができてしまう前に、シワをなるべく作らない対策を始めてみましょう。

目を酷使しない

パソコンやスマートフォンの使用が増えていますが、なるべく長時間見続けるのはやめましょう。目の周りの筋肉が凝り固まり、目元の皮膚にも悪影響です。

規則正しい生活を

お肌を守るには規則正しい生活を送るのがとても効果的です。三食バランス良くしっかり食べ、夜は十分な睡眠を取る。これだけで、身体の中から健康になり肌も生き生きします。

正しいスキンケア

目元は特に皮膚が薄く刺激に敏感な部位です。間違えたスキンケア法を続けると、シワの原因に。まずは肌に優しいスキンケアをしましょう。
目元にできるシワの種類と消す方法

スキンケアのやり方

目元のシワを増やさないためには、優しいスキンケアが大切です。いくつかご紹介します。

・日焼け止めで紫外線対策を
・目元専用クリームを使う
・パックを使い保湿をしっかり
・洗顔やクレンジングは絶対にこすらない

目元のシワは、強い刺激をうけることで増えてしまいます。また、乾燥とシワは関係深いものですから、保湿はたっぷり潤うようにケアしましょう。

目元のシワは一度できたらとても気になりますよね。毎日のケアで、シワができにくい肌にしていくことは可能です。しっかり対策をして、弾力のある肌を守っていくことが、シワ予防に繋がります。

広告
目元にできるシワの種類と消す方法