お股の黒ずみを予防する保湿ケア方法

お股の黒ずみを予防する保湿ケア方法

人にはあまり言えない、デリケートゾーンの悩み。中でもお股の黒ずみ、気になりますよね?

皮膚が薄く、少しの刺激でも黒ずみの原因となるお股ですが、きちんとケアをすればキレイを保つことができるんです。今回は適正なお股のケアを紹介します。


広告

お股の黒ずみと乾燥の関係

お股の肌は、じつはまぶたよりも薄いです。そのため少しの刺激でもダメージを受けてしまいます。

例えばお風呂に入って、清潔にしようとお股をごしごし洗う人はいませんか?ごしごし洗いは皮膚にダメージを与えてしまいます。また熱いお湯で流したり、こするような拭き方でもダメージを受け、そのダメージが肌の乾燥の原因になるのです。

皮膚の乾燥は保湿機能が衰えた状態です。そのため刺激から肌を守れずメラニンが生まれてしまいます。

メラニンとは黒ずみの元になる物質で、メラニンを発生させないことが黒ずみ対策にとってとても大切です

メラニンは乾燥だけでなく、摩擦や年齢を重ねることでも生まれてしまいます。しかし、上手にケアをすることで黒ずみは防げますし、できた黒ずみも時間をかけて解消することもできます。しっかりとケアの仕方を覚えましょう。

お股の黒ずみを予防する保湿ケア方法

お股の黒ずみ対策に欠かせないアイテム

肌を乾燥させず、黒ずみのないキレイな状態を保つには、3つのアイテムが大切になります。

石鹸(ボディーソープ)

まずはお股を洗うための専用の石鹸の使用をお勧めします。専用の石鹸は洗浄力が強すぎない弱酸性のもで、保湿成分を含んでいます。お股の部分はデリケートなので、洗浄力も弱めです。

優しく泡で洗うことが基本となるため、泡で出るタイプのお股専用洗浄剤もあります。

タオル

お股の水分を優しく吸い取るため、タオルはふわふわで吸水性が高いものを使用します。こすったり、水滴が残ることがないよう注意しましょう。

保湿剤

乾燥を防ぐためだけならワセリンなどの保湿クリームで良いですが、黒ずみ対策で少しでも色を薄くすることが目的なら専用のクリームをお勧めします。美白成分や潤い成分の入っているものなど、様々ありますよ。

お股はとくにデリケートな場所なので、成分にもこだわってほしいです。

そこで、おススメの専用クリームをご紹介します。

広告

おすすめの保湿ケア商品

おすすめしたい専用クリームはハーバルラビットです。

ハーバルラビットは、お股の黒ずみを改善するための製品で、信頼の日本製です。配合されている高品質の潤い成分や美白成分が、摩擦から肌を守りながら保湿・黒ずみ改善をしてくれ、早い人では2週間で効果を実感できます。

また使用しているのは赤ちゃんでも使える優しい成分です。安心して使用できますね。

多くの有名人や専門家からも高評価を受けており、黒ずみに関するアンケートでも上位を独占する人気ぶりです。保湿剤をどれにしようか迷っている人、検討してみてはいかがですか?

お股の黒ずみを予防する保湿ケア方法

保湿ケアのやり方

保湿ケアは、「洗う」「乾かす」「保湿する」を適正に行うことが大切です。やり方を間違えると黒ずみを改善するどころか、黒ずみがひどくなってしまううえ、かゆみやにおいまで出てしまう恐れも。

正しいケアを実践しましょう。

洗う・流す

お股を洗うのは体を洗ったあと、つまり体を清潔にした最後に行います。

まず、石鹸をしっかり泡立てます。洗顔する時と同様、テニスボール大のしっかりした泡を目指しましょう。洗うときはその泡で優しく、泡でこするように洗います。皮膚でこすったり爪を立てると傷になり、そこから黒ずみになるので気をつけましょう。

そもそもお股には自浄作用があります。洗いすぎは自浄作用を衰えさせる原因にもなりますから、必要以上に長時間洗う、また頻回に洗うことは避け、1日1回、優しく泡で洗ってください

洗った後はぬるま湯ですすぎます。40度以上の熱い湯では肌を守っている皮脂まで流れて乾燥してしまいます。ぬるま湯で優しくすすぐようにしましょう。

乾かす

しっかり乾かそうとタオルでこするように拭くと、かえって肌にダメージを与えてしまいます。しかしふき残しがあると、肌に残った水分が蒸発するときにかえって乾燥する原因にもなります。

ダメージや乾燥を防止するためにも、吸水性のいいふわふわのタオルで優しく押さえながら水分をとるようにしてください。

保湿する

保湿剤はお風呂から上がって30分以内に塗りましょう。時間がたってしまうと、せっかく血行が良く柔らかくなった肌が乾燥してしまいます。

塗るときは指の腹を使って優しく塗ります。塗り終わってべたべたしていたら、ティッシュで優しくプレスしてなじませてください。

最近では皮膚科で治療を受ける人がいる程、黒ずみは女性にとって気になる問題になっています。とはいえ、時間もお金もかかる通院は、手軽に始めたい人には高いハードルです。

まずは日々のケアを継続しましょう。

広告
お股の黒ずみを予防する保湿ケア方法