実は大半が後天性!あごのしゃくれの原因と自力で治す方法4つ

実は大半が後天性!あごのしゃくれの原因と自力で治す方法4つ

 

しゃくれは気になるけれど、病院で手術をしなければ治らないんでしょ?と諦めてはいませんか。

あごのしゃくれは先天性のものだから、治らないと考えている人が多いのですが、実はあごのしゃくれの原因は後天性のものが多く、自力で治せる場合もあるのですよ。

今日は、あごのしゃくれの原因と自力で治す方法についてご紹介します。難しい方法ではありませんので、諦めてしまう前に試す価値はありますよ。

広告

 

あごのしゃくれの原因

あごのしゃくれは、あごの筋肉が硬直することにより、あごの関節が本来あるべき場所ではない場所で歪んだ状態で固まってしまうことが原因です。

原因が先天性の場合もあるのですが、寝るときにうつぶせ寝横向き寝をする、歯ぎしりをする、頬づえをつく癖があるなど生活習慣が原因となる場合も多いのです。

あごのしゃくれを自力で治す方法

あごのしゃくれの原因があごの筋肉の硬直であるならば、あごの筋肉を揉み解すことによって改善することができます。

フェイスマッサージ

マッサージで直接顔の筋肉を揉み解すことによってあごのしゃくれの改善を目指します。

まず顔全体を優しくマッサージしながらコリを解していきます。次に、奥歯を噛みしめた状態で、耳からあごにかけて少しずつ押しながら痛い場所やグリグリしている場所を探していきます。見つかった痛い場所やグリグリを中心に指で円を描くように揉み解していきましょう。

マッサージをすると、フェイスラインがすっきりしたように感じるのではないでしょうか。顔をマッサージすることにより、リンパの流れも良くなりますので、あごのしゃくれ改善と同時に小顔効果も期待できるのです。

スプーン矯正

しゃくれたあごを身近なスプーンを使って改善する方法です。

まず、スプーンの裏側を上あごの裏(上の前歯の上辺り)に当てます。スプーンの先の丸い部分は口の中に、持ち手は口の外に出ている状態です。

ここでテコの原理を利用し、スプーンの持ち手で下あごをぐーっと押し込んでいきましょう。ただし、あまり強い力を加えると口の中や歯を傷つけてしまう危険性がありますので注意が必要です。

食事の際に奥歯を交互に使う

あごがしゃくれる原因の一つに、食事の際、片側だけに偏って噛むというものがあります。片側だけで噛む癖は、噛む方のあごの筋肉が発達するかわりに、噛まない方のあごの筋肉を固まりやすくしてしまいます。

食事の際には、両方の奥歯を使用するよう心がけましょう。初めのうちは、右、左、交互に噛むように注意するとコツが掴みやすくなります。

姿勢を正す

意外かもしれませんが、骨格のゆがみは、しゃくれの原因になることがあります。また、猫背など姿勢が悪いとあごのしゃくれが強調して見えてしまうというデメリットもあるのです。

立っているときや座っているとき、前かがみになっていないか、頬づえをついていないか、日々の習慣を見直してみましょう。

広告

 

改善されるまでの間は「カバー」しよう

あごのしゃくれは長年の生活習慣で筋肉が固まり骨格が歪んでしまったことが原因ですから、即効的に治るものではありません。あごのしゃくれが改善されるまで、メイクや髪型などで上手に視線をそらす方法をご紹介しますね。

メイクは横長効果を意識する

顔が縦長にみえると、あごが強調して映りますので、メイクは横長を意識すると効果的です。

アイライナーを長めにひいたり、チークを横長に入れることで、横長効果を演出することが出来ます。また、アイメイクを強調し、逆にリップは控えめな色を選ぶことで目線を上に持っていきましょう。

ヘアスタイルも横長を意識、前髪は作った方が◎

ヘアスタイルを変えるだけでガラッと印象が変わりますよね。顔のコンプレックスをカバーするときにもヘアスタイルは重要なポイントです。

ロングヘアにして髪を1本にきっちり束ねる髪型と、ふんわりしたショートカットやボブスタイル、どちらが縦長に見えますか。明らかに1本に束ねた髪型ですね。

また、前髪をつくらずおでこを出したヘアスタイルは、おでこの分だけ顔が長く見えてしまいます。視線を上にあげるためにも前髪を作ることをお勧めします。

ファッションは首周りに気を付けて

メイク、ヘアスタイルと横長効果をお勧めしてきましたが、ファンションも同じです。特に首元のカットで縦長に見えるファッションは避けた方が無難です。例えば、Vネックのシャツやニット、UネックのTシャツなどは縦長効果がありますので気を付けましょう。横長効果のあるファッションはオフショルダーやボートネックなど首回りが横に広がっているタイプです。

また、冬場になるとタートルネックに惹かれがちですが、タートルネックはあごを強調してしまいますので絶対に避けたいところです。

逆に、首元を覆うマフラーはあごを目立たせ無くする効果がありますのでお勧めですよ。

実は大半が後天性!あごのしゃくれの原因と自力で治す方法4つ

 

まとめ

あごのしゃくれの原因は、日頃の生活習慣などにより、あごの関節が本来あるべき場所ではない場所で歪んだ状態で固まってしまうことです。

しゃくれを改善するためには、生活習慣を見直すと同時に、マッサージなどであごの筋肉を揉み解してあげることが効果的です。

ただし、即効性はありませんので、ファッションやメイクなどで上手にカバーしていきましょう。あごがしゃくれていても可愛くて人気のある女優さんもいらっしゃいますので、メイクやヘアスタイルなど是非参考にしてみてくださいね。

広告
実は大半が後天性!あごのしゃくれの原因と自力で治す方法4つ