白い歯をキープするために注意したい「黄ばみ」の予防法3つ

白い歯をキープするために注意したい「黄ばみ」の予防法3つ
毎日食事することで栄養を得ているわたしたちにとって、歯は必要不可欠なものです。歯がなければ食事を噛んで味わうこともできなくなりますし、歯の色は他人からの印象を左右する要因にもなります。

歯の黄ばみに気づいたら、必ず早急にケアすることが大切です。きちんと磨けていると思っていても、少しずつ積み重なった磨き残しが黄ばみを発生させています。今よりもひどくさせないために、対処法と予防法をしっかり把握しておきましょう。


広告

歯の黄ばみはなぜ起こる?

歯が黄ばむ原因としてよく知られているのが喫煙によるヤニや着色汚れなどですね。しかし、具体的にどのようなことが歯に起こっているのかご存知でしょうか。

着色

珈琲や紅茶などの色素が歯に付着してしまうことで起こる黄ばみです。もちろん一度食べただけですぐに変化するのではなく、回数を重ねるごとに歯に蓄積されていくことで黄ばみが目立ってくるようになります。

意外と知られていないものとして、ケチャップやコーラなども挙げられます。

歯石

日々の磨き方が悪く、食べカスなどが残ったままだとプラークは急速に増加し、硬化し始めます。プラークとは歯垢のことで、糖や食事の残りカスを栄養としています。

歯石が発生すると、歯の黄ばみだけでなく歯茎の腫れや口臭など、さまざまなトラブルを引き起こす可能性があります。ひどくなると歯周病になってしまうことも。歯石の色も着色などで変化していくため、黄色から黒へと悪化するケースも多いです。

加齢

年を重ねるとともに、歯も同じ年月を重ねていることになります。表面のエナメル質が毎日の歯磨きや咬耗によって薄くなってしまうことが原因です。

咬耗とは、歯と歯がかみ合うことで摩擦を起こし、歯質の一部を消耗させてしまうことをいいます。もともと黄色い象牙質が濃く見えてくるようになると、歯全体が黄ばんで見えてしまうのです。

治療後の変色

虫歯など、歯の治療を受けたことのある方は多いと思いますが、金属や詰め物の色が変わってきてしまう経年劣化が黄ばみの原因となることもあります。

口内の乾燥

唾液によって口の中は清潔に保たれていますが、唾液が不足した乾燥状態になると、歯垢や着色汚れが付着するようになってしまうのです。

アレルギーなどで鼻づまりを起こしている方などは、先にそちらの治療を優先し、口内環境を整える必要があるでしょう。

神経死

治療で神経を取り除いた歯や、神経自体が知らず知らずのうちに死んでいた状態の歯は、時間が経過するとともに黒ずみはじめます。

白い歯をキープするために注意したい「黄ばみ」の予防法3つ

歯の黄ばみを落とすには治療が必要な場合が多い…

黄ばみの原因の中でも特に自宅で改善することが難しいのは
・神経死
・虫歯
・歯石
によるものです。

神経死の場合

ホワイトニングを行っても白くすることが難しいといわれており、ひどい場合はセラミックをかぶせることで解消するしか方法がないこともあります。ただ、変色度合いや程度によってはホワイトニング治療を受けることで改善することもあるため、一度診察を受け、相談してみるとよいでしょう。

虫歯の場合

虫歯治療後の変色に関しては、再治療が必須となります。詰めた物の変色を改善することはできないので、必ず歯科医院で治療を受けなくてはなりません。

歯石

硬化した歯石を取り除くことが黄ばみの解消につながるため、治療が必要になります。特に歯周病の併発が見られる場合は、その治療もかねることで歯茎まで美しくすることが可能です。

このように、治療を受けなくては改善できない黄ばみも多いことが分かりましたね。ここまでの酷い状態にならないためには、日々の予防がとっても大切です。最後に予防法を3つご紹介していきたいと思います。

広告

歯の黄ばみの予防法

1.着色するものを控える

もっとも簡単に始められるのは、着色する飲食物を控えることです。珈琲、紅茶、カレーなど、着色料が多く含まれたものはなるべく控えるようにしましょう。

毎朝珈琲を飲むことが一日のルーティーンになってしまっている方にとって、やめることは難しいかもしれませんが、控える意識をするだけでも予防につながります。珈琲を飲んだら最後に水を飲むようにするなど、成分を口内にとどまらせないことが大切ですよ。

2.正しく歯を磨く

歯を磨くことはもちろんですが、正しく磨くことがポイントになります。歯ブラシ選びもそのうちの一つになりますが、歯のサイズに合ったもの、硬すぎないものを重視してチョイスするようにしてください。

硬いものだとどうしても磨き過ぎによる黄ばみを発生させる要因となります。歯の隙間汚れや、歯茎との間に付着した汚れを取り除くためには、ソフトな磨き心地のもので、時間をかけて磨いてあげることが効果的です。

歯磨き後のプラスケアもおすすめ

アーユルヴェーダのひとつであるオイルうがいも取り入れられるプレミアムブラントゥースは、歯磨き後のプラスケアにおすすめです。植物性オイルや植物エキスがたっぷり含まれ、口内環境を整えてくれるほか歯の汚れを包み込んではがしてくれる作用があります。

泡立たないため、オフィスでも出先でも使えるのもポイント。紅茶を飲んだ後、さっとプレミアムプラントゥースで磨くだけでも着色汚れを防ぐことができます。

3.食事後のゆすぎを徹底する

珈琲もやめたくない、タバコもやめられない、出先で歯を磨くのは面倒。そんな方にはゆすぎうがいの徹底が効果的です。

口内に汚れを残さないことが予防のひとつになるため、食べた後、飲んだ後に水で口の中を洗い流すようにしましょう。もちろん、プレミアムプラントゥースでうがいをするとオイルうがいの効果も得られるので、面倒くさがりな方にもおすすめですよ。

広告
白い歯をキープするために注意したい「黄ばみ」の予防法3つ