長く着るために注意したい、セーターの正しい洗濯&干し方

長く着るために注意したい、セーターの正しい洗濯&干し方
お気に入りのセーター、最近は家庭で洗濯できるものも増えました。今まではクリーニングに出さないといけなかったものまで洗濯機で洗えるような時代になりました。ですが、どうしても家庭で洗っていると長持ちしないとお困りではありませんか?

セーターを長く着るために、洗濯前にチェックしたいことや、正しい洗濯方法をご紹介いたします。また、セーターを干すときの正しい干し方なども併せてご紹介いたします。お気に入りのセーターを長持ちさせるために、是非参考になさってください。


広告

セーターを洗う前にチェックしたいこと

セーターを洗う前には、必ず確認すべきことがあります。

洗濯表示

衣類には必ず洗濯表示がついています。素材によっては自宅で洗濯不可の衣類もあります。洗濯機マークやたらいの表示、手洗い表示がされているものに関しては、自宅での洗濯が可能です。たらい表示にバツがついているものは、自宅での洗濯はできません。

自宅で洗濯ができないセーターは、下記の通りとなります。

・ドライクリーニング不可という表示がある
・細かく繊細な飾りなどがあるセーター
・衣類の素材がシルク、キュプラ、アセテート、レーヨンのもの

自宅でセーターを洗濯する場合には、必ずこれらのことを確認するようにしましょう。

色落ち確認

セーターは色落ちしやすい衣類です。目立たないところに使用する洗剤を少量つけてしばらく置いておきます。そのあとタオルなどで抑えてみて色移りしなければ、自宅でお洗濯することができます。もし、色落ちするようなら、できるだけクリーニングに出すようにしてください。

汚れやシミの有無を確認

目立つ汚れやシミは、手洗いでは落としきれないことがありますので、事前に落としておくのがおすすめです。汚れやシミの部分だけをつまみ洗いしてください。

長く着るために注意したい、セーターの正しい洗濯&干し方

セーターの正しい洗濯方法

先にもご紹介した通り、自宅で洗濯可能かを確認し、目立つ汚れやシミを落としたら洗濯をスタートします。

まずは下記のものを用意します。

・洗濯洗剤(エマールやアクロンなどのおしゃれ着洗い用洗剤)
・柔軟剤(あってもなくてもOK)
・洗濯ネット
・手洗いの場合は洗濯桶
・大きめのタオル

セーターを洗濯する方法は、2つあります。

手洗い

1.洗濯桶に水を入れて、洗剤を入れて溶かします。

2.洗濯ネットにセーターを入れます。

3.「2」を「1」に入れて優しく押し洗いしましょう。
※汚れがひどければ数分程度つけおきます。

4.洗濯桶の水を何度も入れ替えてしっかりと流します。
※柔軟剤はすすぎの最後に入れて使ってください。

5.大きめのタオルに挟んで水分を取ります。

6.できるだけ陰干しの平干しするようにしてください。

洗濯機

1.洗濯するセーターをネットに入れます。
※汚れやすい「えり」「袖口」「ひじ」「前身ごろ」部分は、外側にくるようにしてたたんでネットに入れましょう。

2.洗濯機の「ドライコース」などの手洗いコースでまわすだけです。

3.洗濯機が終了したらすぐに干しましょう。

広告

セーターの正しい干し方

セーターを干すときの基本は、

・日陰で干す
・平干しにする
・形を整える

この3つになります。それをふまえたうえでの干し方をご紹介いたします。

ニット干しネット

市販でニット類を平干しするためのネットが販売されています。いろんなタイプがありますが、2段になっていたりするので、1度に2枚干すことができます。また、使用した後はコンパクトに収納できるので、場所をとりません。

風呂ふた

お風呂のふたの上にバスタオルを敷いてセーターを広げておきます。もし可能であれば、ふろのふたとバスタオルの間に隙間が作れると、乾きも早くなります。

ハンガー

普通のハンガーを使用する場合は、タオルを巻きます。トレーナーハンガーならそのままでOKです。平干しが基本ですが、軽いセーターならハンガー干しも可能です。ただ、やはり伸びてしまうことがあります。袖は垂らさず、交差させて両肩部分に引っ掛けるようにして干しましょう。

物干し竿に直干し

竿にセーターの胴体の部分をちょうど半分になるようにしてかけます。袖も竿に引っ掛けるようにして干します。スペースをとってしまうので、洗濯物の量が少ない時にできる干し方になります。

長く着るために注意したい、セーターの正しい洗濯&干し方

自宅での洗濯頻度について

衣類は一度着たら洗うというのが普通と考えるのですが、セーターなどのニット類は少し違います。洗濯頻度も人によって「2~3回着てから」「シーズン中に1回」など違いがあります。

セーターなどのニット類は、洗濯しすぎると縮んだり、伸びたり、毛玉、色落ちなどの原因になってしまいます。セーターの風合いが損なわれてしまうので、頻繁に洗うのはおすすめできません。

クリーニング屋さんや専門業者さんの意見ですが、シーズン中に3~4回程度の洗濯が理想としています。月に1度の洗濯がおすすめということなのです。ただし、汚れや汗などのにおいが気になるときには、その都度洗うようにしましょう。

セーターを長持ちさせるには、上手に洗濯するのがポイントとなります。昔と違って自宅で洗えるものが増えていますが、洗えるからといって、洗濯機の標準コースでまわしてしまうのはNGです。ほとんどのセーターは手洗いが基本ですので、洗濯表示をしっかりと確認するようにしましょう。

広告
長く着るために注意したい、セーターの正しい洗濯&干し方