髪がパサつく原因と抑える方法

髪がパサつく原因と抑える方法

髪のパサつきは女性にとって大敵です。ストレートにおろしても広がり、巻いてもごわついた印象になってしまいます。髪がパサついているとせっかくお洒落しても髪型が決まらないですよね。

「髪がパサつく原因を知りたい」
「ツヤのある綺麗な髪になりたい」
「どうやったらこのパサつきとさよならできるの?」

女性なら誰しも艶めく髪でいたいものです。髪のパサつきの悩みとは決別したい女性のために、髪がパサつく原因と抑える方法についてご紹介いたします。


広告

髪がパサつく原因

髪のパサつきは間違ったヘアケアや不健全な生活によって起こります。言い換えれば髪のパサつきは髪からのSOSでもあるのです。原因を詳しく見ていきましょう。

間違ったシャンプー方法

これは、髪に摩擦を与え傷ませるような洗い方や髪質に合わないものを使用して頭皮や髪のトラブルを招くやり方です。

間違ったシャンプー方法を繰り返すことで、髪の保護層であるキューティクルが剥がれてしまい水分やたんぱく質などの栄養素が外に流れ出てしまいます。そうなると髪の毛は傷みパサつきます。

間違った髪の乾かし方

間違った髪の乾かし方とは、髪にドライヤーの熱を当てすぎたり自然乾燥させるやり方です。髪の芯まで乾燥してパサつきます。

また半渇きの状態で髪の毛を乾かすのを止めてしまうこともパサつきの原因です。髪の毛が濡れている時、キューティクルは剥がれやすい状態です。生乾きのまま寝てしまうと枕と髪の間で摩擦が起きキューティクル剥がれの要因に。それに湿った髪の毛は雑菌が繁殖しやすく不衛生であり、頭皮が冷えた状態は血行不良へと繋がり髪の状態を悪くします。

カラーリングなどの科学的なダメージを与える

カラーリングやパーマ、縮毛矯正などの科学的ダメージを与えると髪の毛はどうしても傷みやすくなります。さらに刺激の強い薬剤を使用したり、繰り返し科学的ダメージを与えると髪はひどいダメージを受けパサついてしまいます。。

紫外線・乾燥の対策ができていない

髪の毛は紫外線や乾燥に弱く、きちんとした対策ができていないと髪の毛がダメージを受けパサつきます。

紫外線は髪の毛から水分を奪いキューティクルを剥がれやすくしたり、髪色を変色させるなどのダメージを招きます。乾燥はフケやかゆみなどの頭皮のトラブルを招きます。ちなみに頭皮の乾燥は同時に髪の乾燥にも繋がります。

偏った食生活

偏った食生活により、髪の毛を作るために必要なビタミンやミネラルなどの栄養素が足りていないと髪からこしがなくなり髪がパサつきます。

甘いものばかり、脂っこいものばかり、過度なダイエットによる栄養不足など偏った食生活をしていては健康な髪の毛は作られません。

睡眠不足・女性ホルモンの低下による血行不良

睡眠不足や女性ホルモンの低下は血行不良を起こします。それにより髪にまで栄養が行き渡らなくなり髪の毛がパサつきます。

また髪の毛を作る機能も低下して、細い、コシのないなどの不健康な髪が生えてきます。そのため髪の毛はパサつきやすく、枝毛やキレ毛などトラブルが多くなります。

髪がパサつく原因と抑える方法

外側からのケアで抑える方法

正しい方法でシャンプーをする

正しいシャンプー方法を行うことで髪の毛の負担を減らし髪のパサつきを抑えることができます。

・髪の毛全体をしっかりと濡らすこと
・爪を立てずに指の腹を使い頭皮をマッサージするように洗うこと
・部分分けして丁寧に洗い毛先は撫でるように洗うこと
・シャワーを垂直に当て洗い残しのない様にすすぐ


ドライヤーで髪を乾かす

ドライヤーを使って正しく髪を乾かすことで髪のパサつきを抑えツヤを出すことができます。

使用するドライヤーは機能が高いものを選択しましょう。大風量や温度調節機能があり髪を早く乾かせられるものや、マイナスイオンが出る保護機能がついたもの、髪が傷みにくい遠赤外線機能がついたドライヤーがおすすめです。

・キューティクルの目に逆らわずに上からドライヤーをかけることで髪にツヤが出る
・全体を乾かしたら毛先をまとめながら乾かすことで髪に全体にまとまりが出る
・最初は熱い温度で乾かし最後に冷風を当てることでキューティクルが引き締まりツヤが出る

紫外線・乾燥対策をする

紫外線や乾燥対策をして髪の毛を守ることが大切です。

効果的な紫外線対策

・髪専用のUVカットスプレーを使用する
・日傘をさす
・帽子をかぶる
・紫外線が強い時間帯は外出を控える

効果的な乾燥対策

・加湿器を使い部屋の湿度を保つ
・エアコンの温度や風向きを調整する
・洗い流さないトリートメントやヘアオイルで髪を保護する

美容院でケアしてもらう

美容院に行きプロの手を借りてケアすることもがとても大切です。

定期的に美容院に行き、髪の状態にあったトリートメントやヘッドスパを受けましょう。プロのケアを受けることで頭皮や髪の毛の健康状態を良好にすることができます。

広告

内側からのケアで抑える方法

健康な生活を心がける

健康な体でいることは健康な髪へ繋がります。規則正しい生活、バランスの良い食事を心がけて体を大切にしてください。

起床・就寝時間を決め朝昼晩と規則正しく食事を摂り1日のリズムを作りましょう。睡眠・食事をしっかりとることは健康な体つくりのための基本です。

また血行不良を起こしてしまうので体を冷やさないようにすることが大切です。お風呂に浸かって体を温めたり、生姜や唐辛子などの体を温める食材を食事に取り入れましょう。自分に合ったストレス解消法を見つけストレスはため込まないように心がけてください。

そして髪を作るために必要なビタミン類・ミネラル・たんぱく質を含んだ卵や鶏肉や緑黄色野菜などの食材を料理に取り入れましょう。水分もしっかり摂ってくださいね。

髪がパサつく原因と抑える方法

まとめ

髪をパサつかせないためには原因と抑える方法を知り、日々正しいヘアケアを行うことが大切です。健康な生活を送ることが重要であることも分かっていただけましたよね。

自分自身に合った外側・内側からできるヘアケアを見つけて、美髪のために継続しましょう。

広告
髪がパサつく原因と抑える方法