「場数を踏む」が悪化を招くことも!「あがり症」の正しい克服法

「場数を踏む」が悪化を招くことも!「あがり症」の正しい克服法

「人前に立つと緊張で震えてしまう」という方は多いですよね。ついつい体に力が入ってしまうのをどうにか治したい!と思ってらっしゃる方も少なくないはずです。
そんな「あがり症」の克服方法にも、ポイントがあるのをご存知でしょうか??

人前に立つ経験をただ積み重ねれば良いということもなく、場数を踏むことが克服するどころか症状を悪化させてしまうこともあるのです。

でも「あがり症」はなんとか克服したいですよね。悩める女性の方に是非試してみていただきたいのが今回ご紹介させていただく「あがり症」の正しい克服法です。
症状や原因、ポイントをご説明させていただくので是非参考になさってください!!

広告

 

あがり症とは??

そもそもあがり症とは人間がどのようになった状態のことを表しているのでしょうか??

近年様々な研究が行われており、あがり症は身体の心理的な現象とされています。
そもそもあがり症の人が状態を表現する際に、「心臓がバクバクしてしまって…」というのをよく聞きますよね。しかしながら、心臓がバクバクしたと言っている本人は、全く心臓に疾患はなく、身体は健康で改めて冷静に考えると不思議ですよね。

あがり症を解明すべく、科学の力を使って実験する研究者の方もいらっしゃるほど、あがり症は奥が深いのですが、精神が強くなればいいという問題ではないので、治すためにはあらゆる方面から考える必要があるのです。

「場数を踏む」が悪化を招くことも!「あがり症」の正しい克服法

 

あがり症の症状

あがり症の症状にも個人差はありますが、症状についていくつかご紹介させていただきますね。

1.人前に立つと顔が赤くなってしまい、緊張で上手く話せなくなる

大勢の人の前に立つと視線を感じてしまい、どこを見ながら話していいのかわからなくなってパニックになってしまう状態です。練習している時はできていたのに本番できなかったという経験がある方はきっと多いはずです。

2.人と話すことが苦手で自ら近づいていけない

あがり症の人は人と話すことが苦手という意識が強いため、自ら人に近づいていくことに恐怖を覚えてしまう人も少なくありません。対人恐怖症とも言いますが、これに関しては原因を解明することで改善することができるといわれています。

3.手足が震えてしまう

あがり症の人に一番多いのがこの症状ではないでしょうか??あがり症の人は特に震える方が多いのですが、実は緊張しても全く震えないという人もいらっしゃるんですよ。その違いは、神経伝達物質の分泌量が関係しているといわれています。詳しくは次でご紹介させていただきますね。

広告

 

あがり症の原因

では一体なぜこのようなことが起こるのでしょうか??その原因は、私たちの血液中の物質にあるんです!!「ノルアドレナリン」という神経伝達物質があるのですが、この値が興奮や緊張によって上がることで自律神経が乱れ、交感神経が刺激されることにより、血圧や心拍数が上がり、結果として、震えや動悸といった症状が発生してしまうのです。

これらは人間であれば誰しも起こりうることで、緊張することで交感神経が活発になってしまうことは普通のことなのです。

しかしながら、この交感神経が通常よりも敏感で影響を受けやすい方は、その効果が顕著に現れてしまう為体に症状としてでてしまうのです。

また、緊張であがってしまう人とあがらない人の違いとしては、神経伝達物質の分泌量が大きく関係しているといわれており、分泌量が多ければ多いほど症状に現れてしまいます。

「場数を踏む」が悪化を招くことも!「あがり症」の正しい克服法

 

あがり症の克服法

ではそんな厄介なあがり症は治せるものなのでしょうか??「あがり症は克服できるのか!?」と疑ってらっしゃる方もいらっしゃるかもしれません。しかし、方法を身につけられれば、誰でもあがり症は克服できるんですよ。驚きですよね!!

そんな気になる克服方法をいくつかご紹介させていただきますね!!

1.考え方を変えてみる!!

あがり症の人で多いのが、思い込んでしまっている状態です。言い換えると、「自分以外の人はすべて敵」と思ってしまっている状態のことで、家族や友人以外に心を許すことができないことによって、症状がでてしまうことがあります。

だからこそ、親しい仲間や家族以外も決して敵ではなく、味方だと思うようにすることで、リラックスすることができるようになるのです。

2.プライドを捨てる

あがり症の人は、実は負けず嫌いでプライドが高い人が多いんです。失敗したら他人にどう思われるのかという不安が強くなってしまうことによって、その恐怖心からあがってしまうのです。「どう思われてもいい!!」という強い気持ちを持つことが大切なんですね。

3.薬物療法

あがり症に効果があるとされる薬も市販されているので、薬を使って、自らの気持ちや神経を落ち着かせるという方法も効果的です。ただし、副作用もあるので薬で緩和させたいと思う方は、医療機関を受診し、医師に処方してもらうことをオススメさせていただきます。

「場数を踏む」が悪化を招くことも!「あがり症」の正しい克服法

 

「場数を踏む」という克服法は避けるべき??

次に、あがり症を克服する際によく、「場数を踏む」のが良いという人がいらっしゃいますよね??一見効果的のように思えるのですが、果たしてどうでしょうか??経験を積むことで確かに自信がつくかもしれません。しかしながら、良い経験ばかりを積めるとは限りませんよね。

もしかしたら悪い経験ばかり積み重ねてしまうことも考えられるため、場数を踏むとを絶対に避けたほうがいいという訳では決してないのですが、悪影響も考えられるので、注意が必要なのです。

これまで「あがり症」について原因や症状をご紹介させていただきましたが、いかがでしたか??
あがり症を克服することで人前に立つことが楽しくなるかもしれないですよね!!もし、あがり症で悩んでいらっしゃるのであれば、自分の症状にあった克服法を是非試してみてください。きっと症状も徐々に改善され、克服できるはずですよ!!

広告
「場数を踏む」が悪化を招くことも!「あがり症」の正しい克服法