生ゴミのような口臭が発生する原因と、臭いを抑える5つの方法

生ゴミのような口臭が発生する原因と、臭いを抑える5つの方法
自分の口臭が気になったことはありませんか?自分が気付かないうちに、口臭で周囲に不快感を与えていることもあります。口臭にもいろいろありますが、本当に生ゴミのような口臭になることがあります。

じつは口臭には種類があります。まずこの種類からご紹介いたします。また、その原因や、その臭いを抑える方法なども併せてご紹介いたします。なかなか他人には聞けない悩みです。是非最後まで読んで参考になさってください。

広告

口臭は大きく分けて3種類

病気によるもの

お口の中の病気といえば、歯周病や歯肉炎があり、これらが原因口臭の原因になってしまっているのです。お口の中の病気以外にも、糖尿病や尿毒症などの疾患がある方は、口臭が発生しやすいタイプといえるでしょう。

生理的なもの

歯垢や舌苔など、お口の中の汚れが蓄積していることで発生するもののことです。口が乾燥したり、空腹時、生理前や生理中、妊娠中などに口臭が気になってしまいます。

食品によるもの

食べる食材によっては、いつも以上に口臭が気になってしまうことがあります。キムチや餃子、にんにく料理などを食べた時に、口臭が気になったことがある方は多いはずです。ほとんどは、数時間もすれば口臭もなくなります。

ただ、稀に翌日まで臭いが残っているというケースもあります。それでも時間の経過とともに、臭いが消えていき、残る事もありません。

生ゴミのような口臭が発生する原因と、臭いを抑える5つの方法

生ゴミのような口臭の原因は?

生ゴミのような臭いといっても、卵、魚、野菜など、様々な腐敗臭があります。これらは全て、生ゴミのような口臭に分類されます。

この口臭が発生してしまうのは、先に挙げた物の中の「病気によるもの」に当てはまります。お口の中の病気が大半で、

・歯周病
・歯槽膿漏
・歯肉炎
・虫歯

などが原因だと考えられます。特に歯周病は、生ゴミ臭が生じる可能性が非常に高いです。口の中で、嫌気性菌という菌がいっぱいになり、臭いのもととなるジメルサルファイドやメチルメルカプタンなどのガスが発生してしまいます。

このガスの臭いは、玉ねぎが腐ったような臭いがするため、ひどい口臭となってしまうのです。

また、腎臓や肝臓などの機能に問題がある場合も生ゴミのような臭いがします。酷くなると、魚の腐った臭いになります。この臭いになるということは、かなり働きも悪くなっていて、特殊な病気である可能性もあります。

さらに、腸内環境が悪化している場合や、先にご紹介した生理的なものが原因である場合も、生ごみのような口臭が発生することがあります。

広告

生ゴミのような口臭を抑える方法

治療する

お口の中の病気や、内臓疾患などは、自分でどんなに努力をしても改善されるものではありません。今現在、生ゴミのような口臭が気になっているなら、できるだけ早く、掛かり付けの歯科医院に足を運ぶようにしてください。

口臭の原因を調べて、しっかりと根本治療することで口臭を抑えることができます。治療が終わった後も、しっかりとオーラルケアをするようにしてください。

食生活

お肉中心の食生活をしていると、口臭がきつくなります。野菜や魚中心のメニューに買えることで、かなり口臭が抑えられるようになります。

乳酸菌の摂取

腸内の環境を整えるには、善玉菌を増やす必要があります。その為には、ヨーグルトなどで乳酸菌をしっかりと摂取してください。毎日朝食にヨーグルトを食べるようにする習慣をつけるのが、手軽で簡単なのでおすすめです。

タブレットやガムなどを食べる

口臭を抑える為に、タブレットやガムなどを食べる習慣がある方は多いはずです。皆さんあれは、一時的に香りで抑えられていると思っているのではないでしょうか?それは間違いです。

ガムやタブレットなどを食べることによって、唾液の分泌が促進され、それが口臭を抑えてくれます。

こまめに水を飲む

生理的なものが原因となって発生する口臭は、口の中の乾燥によって引き起こされてしまいます。唾液をしっかり分泌させる為にも、その元となる水を補給することが必須となります。口が渇いているからといって、大量に飲むのではなく、こまめに少量を何回も飲むという形で補給するようにしてください。

生ゴミのような口臭が発生する原因と、臭いを抑える5つの方法

原因が何になるのかを知ることが大切!

生ゴミのような口臭といっても、その原因は様々です。生理的な物が原因であれば、今すぐにでも、ガムを噛んだり、タブレットを食べたり、水をこまめに飲んだりすることで抑えることができます。

ですが、それ以外の病気が原因である場合はやっかいです。病気といっても、いろんな病気があり、何が臭いの発生元なのかをしっかりと知ることで、口臭を抑える方法や改善する方法が見えてきます。

現在、すでに生ゴミのような口臭でお悩みの方は、まずは一度歯科医に診てもらうことをおすすめします。生理的な物なのか、何らかの疾患が原因なのかを明確にしなければ、いつまでもスッキリと解消することはできません。

その場しのぎの対策はできても、それがずっと続くとなると、自分でもイヤになってきてしまいます。しっかりと原因を突き止めて、その原因にあった対処法で、気になる口臭を解消してくださいね。

広告
生ゴミのような口臭が発生する原因と、臭いを抑える5つの方法