ストレス太りから脱出する方法

ストレス太りから脱出する方法

ストレス太りでお悩みの方、いったい何故ストレスが溜まると太ってしまうのか、不思議に思ったことはありませんか?実は、その原因には、ストレスを感じた時に分泌されるホルモンが関係しています。


広告

「ストレス太り」とは?

ストレス太りとは、ストレスを感じた時に暴飲暴食することで太ってしまうことを意味します。

ストレスが溜まると、人はなにかで発散することを考えます。ストレス太りをしてしまう方の場合、暴飲暴食でストレスを発散させようとする傾向があります。そのため、体重の増加に繋がってしまうのです。

ストレスが原因で暴飲暴食をする、体重が増えることで更にストレスが溜まる、更に太る、この悪循環こそがストレス太りなのですが、ではその具体的なメカニズムとはいったいどのようなことが考えられるのでしょうか。

イライラしている時、お腹が空いていないのに何か食べていないと気が済まない、普段以上に甘物が食べたくなる、といった食べ過ぎの原因には、実は人間の脳の働きが深く関係しています。

ストレス太りから脱出する方法

太るメカニズム

ストレスが溜まると、暴飲暴食してしまうことで太るというだけではなく、ほかにも太るメカニズムが存在します。

ストレスを感じると、ドーパミンというホルモンの分泌が活性化されます。ドーパミンが満腹中枢を刺激してしまい、食欲が増して、太る原因となります。

更に、ストレスが溜まることでコルチゾールというホルモンが分泌されます。コルチゾールは危険を察することで脂肪を蓄えようとする働きがあります。

このように、ストレス太りには脳が負担を感じ、危険だと認識することが非常に深く関係しています。よくストレスが溜まると甘いものが食べたくなるという人がいますが、そういったことも脳が危険を認識し、栄養素を多く確保しようとすることが原因なのです。そのため、普段以上に甘いものや脂っこいものを求めることにも繋がり、健康を害する危険性もあります。

便秘や肌荒れ、体重増加といった美容面へのデメリットのほか、放っておくと過食症に陥ってしまうことも。ほかにも、食べ過ぎによる内臓への負担によって、その影響を受けやすいとされる肝臓、腎臓、甲状腺などの機能が弱まることも考えられます。

しかしストレスによる暴飲暴食のメカニズムには、人間の脳の働きが関係しているため、そう簡単に脱することが出来ないのもその特徴です。

広告

ストレス太りから脱する方法

ストレス太りは悪循環に陥ることで歯止めが効かなくなります。そこには普段のストレスと太ることによるストレスの連鎖が関係しているため、ストレス太りから脱するためにはやはりストレスを解消する必要があります。そのため、楽しいことや、没頭できることを見つけることで、上手にストレスを発散することが重要になります。

ストレスは意識し過ぎるとより溜まってしまう傾向にあるため、なにか楽しいことに意識を集中することを心がけましょう。

ストレス発散に効果的なことは様々ありますが、中でも適度な運動やカラオケは特に効果を発揮することで知られています。

ストレスの解消に貢献するホルモンであるセロトニンは、適度な運動によって分泌されます。特にリズミカルな動きで増加するため、エアロビやダンスなどがおすすめです。

運動以外でも、セロトニンは大声を出したり、歌を歌ったりすることで分泌されるので、ストレス発散にはカラオケも非常に効果的な方法です。

ほかにも、普段の生活でセロトニンを分泌させるためには、深呼吸してリラックスする、思い切り泣く、などといった方法もあります。

ストレス太りの原因には、脳のメカニズムが非常に深く関係していることがわかりましたね。ストレス太りによって体調を害することを避けるためにも、ストレスを溜め込む前に上手に発散することをおすすめします。

広告
ストレス太りから脱出する方法