黒ずみや臭いを解消する、デリケートゾーンの正しい洗い方

黒ずみや臭いを解消する、デリケートゾーンの正しい洗い方

なかなか話題にし難い女性のデリケートゾーン。女性なら一度はデリケートゾーンの黒ずみや臭いが気になった経験があるのではないでしょうか。デリケートゾーンの悩みは仲の良い同性の友達同士でも気軽に相談できないものですよね。毎日何となく洗っているけど正しいデリケートゾーンの洗い方を知らないと言う人も多いと思います。

自己流になってしまいがちなデリケートゾーンのケアですが、間違った洗い方を続けているとトラブルの原因になる場合もありますよ。ここでは女性のデリケートゾーンの正しい洗い方やケア方法をご紹介いたします。何かと気になるデリケートゾーンの悩みを解消しましょう。


広告

正しく洗えていないとどうなる?

一般的に女性のデリケートゾーンとは、女性器とその周辺を差します。女性にとってとても大切な部分なのですが毎回チェックしながら洗っていると言う人は少ないですよね。

デリケートゾーンは複雑な形をしている為皮脂や分泌物が溜まりやすく、洗い残しやすすぎ残しが多い場所です。また女性は月経時の生理用ナプキンの使用やおりもの等でも蒸れやすく高温多湿状態が長時間続きます。その為雑菌が繁殖しやすく臭いや痒み等のトラブルが多い場所なのです。

デリケートゾーンは高温多湿状態を避けて常に清潔に保ち、雑菌が繁殖しない様にする必要がありますが、自己流の間違った洗い方を続けていると症状がさらに悪化してしまう事もあります。

例えば臭いが気になるからと言って洗浄力の強いボディーソープや石鹸等でゴシゴシ擦って洗っていると、皮膚にとって良い働きをしてくれる菌まで洗浄してしまう為自浄作用がなくなり雑菌が繁殖しやすくなります。結果、以前よりもさらに臭いがきつくなってしまう場合もあるのです。

またデリケートゾーンの皮膚はとても薄く繊細で傷つきやすいです。皮膚は強い刺激を受けると防衛機能が働きメラニン色素を出して肌を守ろうとしますが、この働きがデリケートゾーンの皮膚を黒ずませる原因になりますから洗い方には十分注意が必要なのです。

黒ずみや臭いを解消する、デリケートゾーンの正しい洗い方

専用の石鹸の選び方

「デリケートゾーンを丁寧に洗っているのに臭いが気になる」「ボディーソープで洗うと痒みが出る」「デリケートゾーンの黒ずみが酷くなった」と言う人はデリケートゾーン専用石鹸の使用をおすすめしますよ。専用石鹸は肌に優しく刺激の少ない成分で作られている為、強い洗浄力で良い菌まで洗い流してしまう心配がありません。

専用石鹸は固形・液体・泡・オイルとタイプも様々なので好みのものを選んでOKですが、肌への刺激を少なくし摩擦による黒ずみを防ぐ為には泡立ちが良いものを選ぶのがベストです。専用石鹸には「黒ずみ」「臭い」「痒み」等、その悩みに適した成分が配合されている商品がありますから、悩みにあったものを選ぶ事がトラブル改善の近道ですよ。

ちなみに、専用石鹸にプラスして、美白クリームを使用するとさらに効果的です。「ハーバルラビット」は最近女性誌やTV等で大きな話題となっています。

ハーバルラビットはデリケートゾーンをはじめとするあらゆる肌の黒ずみに対応している為、多くの女性に愛用されています。黒ずみの主な原因は肌の乾燥や刺激・摩擦等によるメラニン色素の沈着ですが、こちらは敏感肌の人でも使用できる肌に優しい成分で作られていますので毎日安心して使用できますね。

日々の肌ダメージを減らし、肌に美白と潤いを与え乾燥から肌を守ってくれますので、皮膚の生まれ変わりをサポートして透明感のある肌に導いてくれます。また水溶性プラセンタエキスがメラニン色素の肌沈着を抑制するので、黒ずみ解消に効果的ですよ。

デリケートゾーンの皮膚は薄く特に刺激や洗浄剤による負担を受けやすい場所ですので、体を洗うボディーソープではなく、肌に優しいデリケートゾーン専用石鹸の使用が望ましいですね。

広告

デリケートゾーンの正しい洗い方

デリケートゾーンを洗う時はまず、石鹸等の洗浄剤をしっかりと泡立てましょう。原液をそのままデリケートゾーンに付けて洗うと強い洗浄力で肌を傷めてしまいますしすすぎ残しも多くなり、原液が毛穴に詰まってニキビ等の肌トラブルをおこす可能性があります。石鹸等を十分泡立てるには洗顔時に使用する様な洗顔ネットを使うのもおすすめですよ。

石鹸等の洗浄剤をしっかり泡立てたら、膣内に雑菌が入らない様に前から後ろの肛門部分に向って洗っていきます。特に女性器があるデリケートゾーンには膣からのおりものや尿等の分泌物・トイレットペーパーのカス等の恥垢と呼ばれるゴミが溜まりやすくなります。恥垢は臭いの元になりますので指の腹で優しくマッサージする様に洗っていきましょう。出来れば鏡等でチェックしながら洗うと洗い残しが防げますよ。

しかし隅々まで綺麗にしたいからと言って膣内まで洗うのはNGです。膣内は常に弱酸性に保たれており、細菌が侵入し繁殖する事を防ぐ自浄作用があります。膣内に指を入れて石鹸等でゴシゴシ洗ってしまうと、膣の自浄作用が弱くなり膣炎や臭いを発生させる原因になりますから気を付けて下さいね

洗い終えたらぬるま湯のシャワーでしっかりとすすぐ事も大切です。デリケートゾーンの溝やシワ部分に石鹸カス等が残らない様に優しく丁寧にすすぎましょう。

黒ずみや臭いを解消する、デリケートゾーンの正しい洗い方

デリケートゾーンのケアは優しく丁寧に

デリケートゾーンは、正しい洗い方を誰かに教わると言った事がない為自己流になりがちです。デリケートゾーンの黒ずみや臭いが気になっていても、他人に相談し辛いと言う事もあって対処が遅れストレスを抱えてしまう女性も多いですから正しいケアを知っておく事が大切ですよ。

女性は顔のお手入れは丁寧にケアしていると言う人が多いと思いますが、デリケートゾーンの皮膚は顔よりも繊細でケアの仕方を間違えるとすぐにトラブルが発生してしまいます。顔や体のスキンケアと同じ様に日頃からデリケートゾーンにも目を向けて優しく丁寧なケアを心掛けましょう。

広告
黒ずみや臭いを解消する、デリケートゾーンの正しい洗い方