ふわっとやわらかい「マシュマロ肌」を作るスキンケア方法

ふわっとやわらかい「マシュマロ肌」を作るスキンケア方法

「理想的な肌」の条件を挙げてみると、一つや二つではおさまらないでしょう。欲張りなようですが総合してみると、行き着くところはつまり「マシュマロ肌」ということになるのではないかと思います。

美肌は身体の内面が健やかな証とも言われます。内臓の隅々にまで栄養が行きわたっていなければ、美肌は維持できないからです。理想的なマシュマロ肌を手に入れる方法を見ていきましょう。


広告

マシュマロ肌とは?

まるでマシュマロのように、ふわっと弾力があって、もちっとやわらかく、きめ細かい。そしてきれいな色をしている。「マシュマロ肌」とはつまり、これらをすべて兼ね備えている「触りたくなっちゃう」肌のことです。

ふわっとやわらかい「マシュマロ肌」を作るスキンケア方法

マシュマロ肌が美肌である理由

マシュマロ肌が手に入ったということは、肌を整えるうえで意識したいポイントがきちんと押さえられているということです。

ふわっとしている = 弾力

お肌に弾力をもたらしてくれるのは、コラーゲン。繊維がらせん状に編み込まれたような構造をしていて、お肌のバネのような構造を支えています。

マシュマロ肌のふわっとしている弾力があるということは、コラーゲンがきちんと生成されているということを現しているのです。

もちっとしている = 保湿

お肌でうるおいを保つ働きをしているのが、セラミド。肌の表面で保護機能を果たしている「角質層」の細胞と細胞を埋めている「細胞間脂質」の主成分です。

マシュマロ肌のもちっとやわらかい様子は、セラミドが満たされ肌がきちんと保護されていることを現しています。

きめ細かい = 細胞が整っている

きめが細かい肌は、肌の新陳代謝がきちんと行われていて、肌の細胞が整っていることを現しています。

きめが粗い肌では表面がデコボコしたり、くすんで見えたり、かさついたりします。これでは「触りたくなっちゃう」マシュマロ肌とは言えませんよね。

きれいな色 = 血色がよい

血色がよい肌は、ほんのりピンク色。美白ももちろん大切ですが、ただ白いだけでは美しくないのです。栄養素が行きわたり、内面から健康的でなくてはきれいな色にはなりません

広告

マシュマロ肌を作るスキンケア

スキンケアには、
・外側からのアプローチ
・内側からのアプローチ
の両方が必要です。

外側からアプローチするスキンケア

化粧品やボディクリームを使って外側からアプローチします。ここで効果的なのは特に保湿。ですから毎日続けることのできる無理のない金額だったり、使い心地が良かったり、手に入りやすかったりするものを選びましょう。たっぷり使ってケアしていきます。

ヴァセリン

保湿の強い味方、ヴァセリンシリーズ。

ボディローションを日常的に使って、とくに乾燥が気になる部分のポイントケアにピュアスキンジェリーを使うという分け方も良いですね。

ニベア マシュマロケアボディムース

商品名に「マシュマロケア」とついている時点でかなり期待大のニベアシリーズ。

ボディムースとボディミルクがあります。うるおい成分が配合されています。ムースタイプでは炭酸ガスによってふわふわのムースで出てきます。のびやすく、肌へのなじみが良いので、使いやすい点もポイントが高いですね。

メイクで演出するマシュマロ肌

パープル系の下地を使うと、透き通るような肌に見え、メイクでもマシュマロ肌を作り出すことができます。

内側からアプローチするスキンケア

マシュマロ肌を手に入れ、維持し続けていくためには、内側からのアプローチも大切。肌にまで栄養素がしっかり行き届くように、バランスの良い食事を心がけましょう

たんぱく質

コラーゲンの生成を意識するのであれば、材料となるアミノ酸を補給することが必要。良質なたんぱく質を含む食品をきちんと毎食取り入れたいものです。

たんぱく質が豊富な食品といえば、肉・魚・卵・牛乳乳製品・大豆やその製品が挙げられます。できれば脂質の多い肉ばかりでなく、魚や大豆製品なども取り入れながら、多くの食品を摂取することをこころがけましょう。

ビタミン

身体で新陳代謝をスムーズに行っていくためには、エネルギーになる栄養素ばかりを摂っていてもだめです。代謝に欠かせないビタミン類をあわせてしっかり補給していきましょう。

ビタミンは微量栄養素なので、いちいち計算しながらの食事はできないですよね。コツは多くの食品を摂取し、偏らないようにすること。それから野菜や果物を多く摂るようにすることです。

血色にかかせないのが、鉄分。鉄はたんぱく質と結びついて血液の成分となり全身に酸素を運んでくれます。鉄の不足は貧血になることが有名ですが、酸素が行きわたらず青白い肌ではとうていマシュマロ肌とは言えません。

鉄を摂取するには、赤身のお魚がオススメ。マグロなどは脂質の多いトロではなく赤身部分で鉄が摂りやすくなります。またアサリやシジミなども鉄が豊富。酢で殻ごと調理するとミネラル類が溶出して、より摂取できます。

ふわっとやわらかい「マシュマロ肌」を作るスキンケア方法

生活習慣の見直しも大切

身体の内・外からマシュマロ肌対策をしたら、最後に生活習慣も見直しましょう。せっかくの努力をより効果的に実感できるでしょう。

睡眠

質の良い睡眠を、しっかり時間を確保して毎日とり続けると、身体は疲れを回復できます。身体が疲れを回復できるということは、細胞の生まれ変わりもスムーズになっていくということ。寝不足から肌荒れを起こすとは、誰しもが一度は経験したことがあると思います。

眠りはできるだけ毎日同じリズムで取るようにすると質を整えやすいでしょう。就寝前にスマホやテレビをいつまでも見ているとなかなか質の良い眠りに入ることはできません。生活習慣の見直しが大切ですね。

入浴

外側からのスキンケアをより効果的にしてくれるのが、入浴。暑い季節でもシャワーだけで済ませずに、しっかり湯船に浸かりましょう。少し汗をかいて毛穴が開き、代謝が良くなります。

睡眠前に入浴で体温をいったん上げると、その後すっと下がって入眠がより楽になります。上手く眠れていない方は入浴習慣の見直しも効果的でしょう。

大切なことは入浴後、すぐにスキンケアを行うこと。ここで乾燥させてしまっては、台無しです。

ふわっとやわらかい「マシュマロ肌」を作るスキンケア方法

まとめ

理想的な肌、マシュマロ肌。これを手に入れるためにできることはたくさんありそうです。今までより意識高く、内からも外からもケアに努め、生活習慣を見直すことは、美肌はもちろん健康的な生活を手に入れることができます。

広告
ふわっとやわらかい「マシュマロ肌」を作るスキンケア方法