宮古島の海に癒されに行こう!見どころ観光スポット10選

宮古島の海に癒されに行こう!見どころ観光スポット10選

日本屈指のリゾート地である沖縄県。沖縄本島に行ったことがある人は多いですが、さらに南にある宮古島も景色が素晴らしい素敵な島です。暖かい気候、透き通る海、のどかな風景が広がる宮古島は癒されるスポットが数多く存在します。次の旅行先にいかがでしょうか。

今回は美しい海に囲まれた宮古島の魅力を紹介します。

広告

 

宮古島とは?

宮古島は宮古郡島の一部

「宮古島」とよく聞きますが、実は「宮古郡島」のことを指します。宮古郡島は8つの島から成る島々の総称で、石垣島の北東に位置します。沖縄本島からは300kmほど離れており、那覇で飛行機を乗り換えてさらに南下して向かいます。

宮古郡島は
・宮古島
・来間島
・伊良部島
・下地島
・大神島
・池間島
・多良間島
・水納島
これら8つの島があり、それぞれに観光スポットがあります。

主な産業

宮古郡島は沖縄本島と台湾の中間に位置し、台湾と同じ亜熱帯海洋性気候です。島の面積の約半分が農業用地として使われ、サトウキビの栽培が盛んです。宮古島だけではなく、宮古郡島全域でサトウキビが生産されています。

また、近年観光業が伸びつつあり、ホテルなどの整備も加速しています。”宮古島”という地名も全国的に広がりました。

宮古島の海に癒されに行こう!見どころ観光スポット10選

 

宮古島の気候と観光に良い時期

宮古島は亜熱帯地域に属し、一年を通じて暖かい気候です。最高気温が20度を下回ることは少なく、常夏のような気温です。8-10月にかけては台風が次々と近づき、毎年被害が相次ぎます。台風の接近や上陸が多い時期には飛行機や船が運休になるので、交通網の予測がつきにくいです。

観光のハイシーズンとなるのは、思い切り海を楽しめる7-9月で料金相場も上がります。それ以外の月は料金やツアーの量に大差はありません。5月から6月にかけては梅雨なので雨が多く湿度が高いです。観光に行くなら梅雨は避けた方が良いでしょう。

・天気を優先するなら晴れの多い7月
・費用を優先するなら10-4月
・台風を避けるなら8-10月以外

もし休みが取れるならば、春や秋が快適な気温、かつ台風を気にせず観光を楽しめますよ。

広告

 

宮古島の見どころ観光スポット

与那覇前浜ビーチ

宮古島と言えば海。与那覇前浜ビーチでは、砂浜と海のコントラストを楽しめます。白さの際立つ砂浜や、透明・アクアブルー・エメラルドグリーン・コバルトブルーと変化する美しいグラデーションを織り成す海が望めます。

シャワーやお手洗いも設置されており、海水浴はもちろんマリンスポーツも堪能できます。夕暮れ時は、うっとりするほど美しい夕日を見ることができますよ。

池間島

池間島は宮古島から池間大橋でつながっている小さな島です。池間島の北東部には広大なサンゴ礁が広がっており、絶景を求めて全国からシュノーケリングやダイビングのファンが集まります。サンゴ礁群は八重干瀬と呼ばれ、大潮になるとごく稀に海上に浮かび上がります。

池間島に行くまでの池間大橋も絶景です。約1.4kmもある真っ直ぐな長い橋で、視界に入るのは海と空だけ。どこまでも続く海を歩いているような世界です。

来間島

宮古島の南西に位置する周囲9kmほどの島です。宮古島のように観光地として開発されておらず、沖縄らしい南国の原風景を見ることができます。地元の集落以外はほとんどがサトウキビ畑です。のどかな景色に癒され、ゆったりと過ごすことができますよ。ビーチはどこも綺麗で、人で混み合っていないためのんびりできます。

来間島に行くなら竜宮城展望台に登ってみましょう。宮古島と周囲のきらめく海が綺麗に見えるポイントで、見渡す限りの美しい海が見られます。

宮古島の海に癒されに行こう!見どころ観光スポット10選

 

宮古島ならではのグルメも楽しめる!

すむばり

「すむばり」は美味しいタコが食べられる人気の食堂です。獲れたての島ダコを様々な調理法で食べることができます。タコ丼・すむばりそば・タコフライ定食など、新鮮なタコをたっぷり味わえますよ。もちろん、ソーキそばやゴーヤチャンプルなど定番料理もあります。

郷屋(ごうや)

南国らしい、ワイワイと盛り上がる食事をしたいなら郷屋がおすすめです。広々とした店内には長テーブルが並び、居合わせたお客さん同士で話が弾みます。地元の食材をふんだんに使った料理はどれも美味しいですよ。

店内では毎晩三線ライブを開催しており、手拍子を叩いたり掛け声をかけたりして、地元の人たちと一緒に盛り上がれます。宮古に伝わる民謡や三線の早弾きなど、宮古の文化を感じられる雰囲気です。

島おでんたから

宮古島には「島おでん」という郷土料理があります。卵や大根など定番の具材に加え、とろとろに煮込まれたテビチが絶品です。青菜類をおでんに入れるのも特徴的。カウンターがあるので一人でも気軽に入れます。おでんの他にも、ステーキや宮古そばも人気です。

大人気の名店なので、満席で入れないなんてことがないよう、旅行中に行く場合は予約しましょう。

広告
宮古島の海に癒されに行こう!見どころ観光スポット10選