高血圧患者を襲う「吐き気」は脳が影響を受けているサイン!

高血圧患者を襲う「吐き気」は脳が影響を受けているサイン

最近は、家庭用の血圧測定器も市販されていて、健康管理の為に購入される方も増えています。自分の毎日の血圧を知ることは、健康な体を維持する為には欠かせないことですよね。高血圧は、私たちの体に様々な悪影響をもたらします。

まず、高血圧とはどういうものなのかというところから、きちんと知っておきましょう。また、高血圧の患者さんは吐き気に襲われることがあります。吐き気がどうして起こるのか、高血圧と吐き気が絡む重大な病気などについてご紹介いたします。

広告

そもそも「高血圧」とは?

病院に到着して血圧を測ったら高かった。このような症状を高血圧というと思っていませんか?それは間違いです。血圧は、気温の変化や、ちょっと動くだけで上がります。一時的に上がるだけでは高血圧とはいいません。

高血圧かどうか確かめるには、安静時の血圧を測定することが必要です。その数値がいつも正常とされる数値よりも高い状態なら高血圧といえるでしょう。

皆さんもご存知の通り、高血圧はいろんな恐ろしい病気を引き起こす原因となります。今現在、日本人の3人に1人が高血圧だという結果がでています。食生活の欧米化や、高齢化社会になっていっていることもあり、今後も高血圧の方は増えていくと考えられています。

高血圧にあたるのは、上が140mmHG以上で、下が90mmHG以上になります。ですが、これは病院で計測した時のもので、家庭で計測した場合の高血圧は上が135未満で、下が85未満になります。家庭で測定した数値と病院で測定した数値に差がある時は、家庭で測定した数値が優先されます。

高血圧患者を襲う「吐き気」は脳が影響を受けているサイン

高血圧で吐き気が起こるメカニズム

高血圧になることで、様々な症状がでてきます。その中の一つが吐き気です。どうして高血圧でこういった症状がでるのでしょうか?

この症状がでるということは、脳の中のどこかの部分で出血が起こっていると考えられます。高血圧になってしまうことで、血管にはいつも負担がかかっている状態になります。何らかのはずみで血管に傷などがついて出血し、その部分が固まることで、動脈硬化という病気になってしまいます。

脳の中で出血が起こると、当然脳内の血液の巡りにトラブルが発生して血圧が上がってしまい、「嘔吐中枢神経」を刺激してしまいます。その結果吐き気という症状が現れてしまうのです。

起きた時に吐き気を感じる方は、これらが要因となっている可能性が非常に高いと言えます。脳腫瘍や脳梗塞、クモ膜下出血、脳卒中などの合併性の危険もあるので、注意が必要です。

広告

「高血圧」と「吐き気」が絡む重大な病気

別名「サイレントキラー」と呼ばれている高血圧。症状が出にくいため、静かに病気が進行し、症状が出た時には、すでに手遅れというケースも珍しくありません。この高血圧と吐き気が絡む重大な病気については先ほども少し書かせていただきましたが、

・脳梗塞
・脳腫瘍
・脳出血
・クモ膜下出血
・脳卒中

などがあげられます。どれもみなさん聞いたことがありますよね。どれも命に関わる重大な病気ばかりです。知らず知らずのうちに進行するものばかりで、気付いた時には完治させるのが非常に難しい状態になっていることもあります。

よくあるのが、自宅に一人でいる時に倒れて、そのまま命を落としてしまうというケースです。突然症状が出て倒れてしまい意識を失うので、助けを呼ぶ時間さえもありません。日頃から頭痛や吐き気などの症状がみられるのなら、安易に考えず、しっかりと自分の体と向き合い、早めに病院で一度診察を受けるようにしましょう。

高血圧患者を襲う「吐き気」は脳が影響を受けているサイン

どう対処する?

まずは、家庭で毎朝血圧を測定する習慣をつけましょう。自分の血圧がどれくらいなのかを把握しておくことはとても重要です。高血圧という診断を受けているならなおさらです。頭痛・吐き気が頻繁に起こる時は、早めに病院を受診するようにしてください。

必要であれば、脳の検査などもしてくれます。こればかりは医師によって判断が違ってくることもありますが、最近は脳ドックなどもありますので、不安を抱えている方は定期的に受けることをおすすめします。

吐き気の原因が高血圧であることが判明した場合、効果的なのは、ストレッチです。ストレッチで筋肉を柔らかくしておくことで、血圧も下がります。

年を重ねていくと、どうしても筋肉が硬くなります。筋肉が硬くなると、その中の血管が圧迫されて血行不要を招き、血圧も上がってしまいます。毎日テレビを見ながらでも、ふとした時にストレッチをする習慣をつけるだけで血圧が下げられるので、是非実践してみてください。

高血圧患者を襲う「吐き気」は脳が影響を受けているサイン

ストレッチ方法

足の指体操

左右の足の指をグーパーさせるだけです。片方20回ずつ行ってください。これを1日5回程度するだけで効果があります。

手首

1.座ったままの状態で左右どちらかの手を前に延ばします。

2.伸ばした方の手首を、もう片方の手で気持ちいいと感じるくらいそらします。

3.10秒カウントして反対側も同様に行います。

この一連の動作を1セットとし、1日3セット行いましょう。

足首

先ほどの手首と同じ動作を行います。それにプラス足首を外回しと内回し各10回ずつ行うと、効果的です。

高血圧は、重大な病気の要因となります。吐き気などの症状がある場合は、速やかに病院を受診するようにしてください。また、ストレッチなどで血圧を下げることができますので、テレビを見ながら、お風呂に入りながら、ちょっとした休憩の時に行うようにしてくださいね。

広告
高血圧患者を襲う「吐き気」は脳が影響を受けているサイン