目覚めが不快!ひどい寝汗の10の原因と快適に眠るための対策

目覚めが不快!ひどい寝汗の10の原因と快適に眠るための対策

みなさんは、寝汗をかいてしまうことはありますか?起きた時に汗をかいていると感じる時は、猛暑の夏日にクーラーをつけず寝てしまったときなどではないでしょうか。では、そんな夏日でない時期にも人は寝汗をかいているのでしょうか?寝汗とは、いったいどのようなものでしょうか?

広告

そもそも「寝汗」とは?

寝汗とは、漢字のとおり「寝ている時に汗をかく」ことです。しかし、暑い日に寝ていると汗をかくことはありますが、そんなに暑くない日でも寝ていると汗をかいてることはありませんか?スポーツや運動したあとの汗は気持ち良いのですが、寝汗ってじめじめして気持ち悪いですよね…。

そもそも、私たちが寝ている間、実は汗をコップ一杯分もかいているのです。寝ている時になぜ汗をかくのでしょうか?
それは、体温調節を汗で行うためです。汗を出すことによって熱を放出し、体温を下げる作用をします。そのため、寝ている間に汗をかくことは通常のことですがコップ1杯以上の大量の汗をかいている方は注意が必要です。

目覚めが不快!ひどい寝汗の10の原因と快適に眠るための対策

ひどい寝汗を招く原因

猛暑でもないのに、すごい量の寝汗をかくことはなにかの病気にかかっているのか心配になりますよね。日常生活でのストレスやお酒の飲みすぎなどが影響して、寝汗の量が多くなることはあります。詳しく見てみましょう。

アルコールの摂取が原因!?

アルコールは身体にとっては有害な物質として認識されます。そのため、アルコールを摂取すると、身体はアルコールを排出しようとする働きをします。アルコールは身体の肝臓によって分解され、汗とともに排出へとつながっていきます。そのため、アルコールを摂取した日は寝汗をかくことがあります。

そのことから、普段からお酒を過剰摂取している人はだんだんと肝臓がアルコールを分解するという働きがついていけなく、汗で排出しようとする働きが通常の人よりも多くなるため、お酒を過剰に摂取している人は寝汗を大量にかく傾向があります。そして、その時は肝臓になにか異常があるケースがあるので病院で一度診てもらうことをおすすめします。

更年期が原因!?

とくに女性に多くみられるのが「更年期障害」です。更年期障害とはホルモンのバランスの乱れが原因で、イライラしたり何に対してもやる気が起きない脱力感が続いたりという精神面や、風邪をひきやすくなったりといった身体面での不調が続くことです。

男女ともに50代を超えたころを更年期といいますが、50代になったからといって必ずしも更年期障害を起こすとは限りません。逆に、50代に入る前に更年期障害が起こる場合もあります。子育てや仕事、介護といったそれぞれの生活リズムの乱れや、仕事環境、若い時にしていたダイエットなどの原因で更年期が起こるか起こらないか、また、始まる時期も人それぞれです。

原因であるホルモンのバランスは、とくにエストロゲンというホルモンの分泌が大きく関わっているため、男性より女性のほうが更年期障害にかかりやすいでしょう。ホルモンのバランスの乱れから、体温をうまく調節できないため、汗をかきやすいのです。

生理が原因!?

上記でホルモンについて記載しましたが、生理もホルモンのバランスによって調節されています。通常のときと比べてホルモンのバランスが乱れやすくなっているので、生理の時期には寝汗をかきやすいです。これは女性特有のものですね。

ストレスが原因!?

私たちの体温を調節してくれるのは「自律神経」という神経が働いて、暑い時は体温を下げる、寒い時は体温を上げる働きをしてくれます。

その「自律神経」はさらに運動や日常生活での活動、緊張している時に働く「交感神経」と、身体の疲労の回復やリラックスするとき、食後の消化に働く副交感神経にわかれます。
ストレスはこの交感神経と副交感神経の働きを乱してしまいます。そのため、体温をうまく調整できないことから、汗で体温を調節しようと身体は働きます。したがって、寝汗をかきやすいといわれています。

広告

快適に眠るための対策

こういった原因による寝汗は睡眠の質を下げてしまいます。しっかりと寝てすっきりと目覚めたいのに、気持ちよく寝れないのはつらいことですよね。

快適に眠るためには、シーツや枕、そしてパジャマをタオル生地のものなどにして、寝汗を吸収しやすく整えます。また、暑いからといってエアコンのつけっぱなしは身体を冷やして風邪をひいてしまうので、タイマーを設定しておくか、除湿を利用して快適な室温にしましょう。

まずは、原因として考えられる「ストレス」の軽減をしていけるとベストですね。また、ひどい場合は病気を伴っていることがあるので、早めに病院にいって検査してもらいましょう。

広告
目覚めが不快!ひどい寝汗の10の原因と快適に眠るための対策