一人暮らし検討中の方へ。「家賃は収入の3分の1」はもう古い!

一人暮らし検討中の方へ。「家賃は収入の3分の1」はもう古い!

実家暮らしをとうとう卒業して、一人暮らしを始めようと検討中の方、物件を探す時はやはり家賃が一番気になりますよね。自分の収入からみて3分の1程度が妥当といわれてきましたが、それはもう昔のことで、今はちょっと違います。

これから一人暮らしする方のために、現在の家賃の相場はいくらぐらいなのかをご紹介いたします。また、妥当な家賃とはいくらくらいなのかなども併せてご紹介いたします。一人で生活するというのは、意外にお金がかかります。物件探しの際の家賃を決める参考にしてください。

広告

「家賃は収入の3分の1が妥当」は昔の話

昔から、一人暮らしをする時の家賃は、収入の3分の1が妥当といわれてきました。確かに手取り20万程度の収入であれば、家賃は管理費込みで、6〜7万程度の物件ということになります。

ただ、安定して収入があるならいいのですが、派遣社員であったり、バイト生活をしていると、収入が安定しません。また、仕送りなどをしてもらっているなら、なおのこと毎月の収入に変動が生じます。そういった場合は、大まかな数ヶ月の収入の平均をだして、そこから家賃を決めるのがいいでしょう。

また、収入が低すぎる場合、3分の1を家賃にまわしては、間違いなく破たんしてしまいますので、注意してください。家賃を差し引いて残る分からも、光熱費や税金などの支払いをしなくてはいけないことも忘れないでください。

ですが、住む地域によって家賃相場は全く異なります。驚くほど安い地域もあれば、都心のように、高すぎる地域もあります。

実際に一人暮らしをされている方は、家賃を先に決めるのではなく、月にどれくらい自由になるお金が必要かというのを先に考えます。その分を引いた収入の中で生活できる物件を探す傾向があります。

憧れの一人暮らしなので、自分が居心地の良い空間を求めて妥協せず、少々予算よりも高くても納得いく物件を選ばれる方もいます。

一人暮らしをする時に、家賃は支出の大きなウェイトを占める部分です。いくつか物件をみて、実際に一人で生活するとどれくらいの支出が発生するのか、シュミレーションしてみるのも一つの方法です。

一人暮らし検討中の方へ。「家賃は収入の3分の1」はもう古い!

一人暮らしの家賃相場はいくら?

一人暮らしの家賃相場は、住みたい地域によって異なります。なぜなら、家賃の相場がまったく違うからです。

関東・中部・関西:5〜6万円
首都圏     :7〜10万超
その他     :4万円程度

こうしてみると、首都圏になると驚くほど高いということがわかります。そんな高い家賃相場の地域で一人暮らしをしている方の収入はどれくらいなのか、ちょっと知りたくなってしまいますね。

どの地域でも同じことがいえるのですが、駅から近く、公共機関が周りに揃っているとなると、いくら家賃相場が低い地域でも、価格は相場以上になります。また、新築物件は、当然少し高めの設定になります。設備が最新であればあるほど、家賃も上がります。

逆に、山手や海沿いといった不便な地域だと、新築でも価格はそれほど高くなく、きれいなところに住める可能性があります。ただし山手や海沿いというのは、災害で被害が出る可能性もあり、復旧するのにも都心などと比較すると、時間を要するということを理解しておいてください。

さらに、山手などでは、夏場はいろんな虫をみることができ、今まで遭遇したことのない虫を目にするということもあります。山手や海沿いは、春夏秋冬、1年住んでみないと、何が起こるかわかりません。それが楽しみでもある方にはオススメの地域になります。

広告

ではどのくらいの家賃が妥当?

一人暮らしをするにあたって、いったいどれくらいの家賃が妥当なのか知りたいですよね。目安ですが、収入別で妥当な家賃の目安は下記の通りです。

収入15万:4〜5万円程度
収入20万:5〜6万円程度
収入30万:6〜8万円程度

昔から家賃は収入の3分の1といわれていますが、それはあくまで目安です。生活の支出は家賃だけではありません。一人暮らしとなると、実家暮らしで親が出してくれていた光熱費や食費、税金など様々な物を自分の収入から支払わなくてはいけなくなります。

いざという時の為に、ある程度の貯蓄もしていく方がいいので、3分の1では、生活ができないという不安があるなら、初めての一人暮らしは、収入の4分の1を家賃にまわすという計算で物件を探してみることをおすすめします。

一人暮らし検討中の方へ。「家賃は収入の3分の1」はもう古い!

管理費も忘れないで!

家賃ばかりに気をとられていてはいけません。管理費というのも発生してくるのです。管理費や共益費も家賃にプラスして計算するのを忘れないでください。また、賃貸になると、年単位で契約更新の際に、更新料が発生します。その金額がいくらになるのかも、物件を決める際にきちんと確認しておくようにしましょう。

一人暮らしが初めての方は、楽しいことばかりが頭に浮かんで期待でワクワクしますよね。でも、いがいにいろんな支出が発生するということを忘れないでください。もし、友人で一人暮らしをしている方がいるなら、参考までに家賃や管理費、共益費以外の支出がどれくらいになるのかを、たずねておくとよいでしょう。

広告
一人暮らし検討中の方へ。「家賃は収入の3分の1」はもう古い!